産経ニュース

【小池知事定例会見録】離党勧告の区議ら「7人の侍をしっかりと守るのが私の責任」

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【小池知事定例会見録】
離党勧告の区議ら「7人の侍をしっかりと守るのが私の責任」

記者の質問に応える小池百合子都知事 =23日、東京都新宿区(春名中撮影) 記者の質問に応える小池百合子都知事 =23日、東京都新宿区(春名中撮影)

《23日午後2時から都庁会見室で》

【冒頭発言】

 「1週間のご無沙汰でございます。リオから帰ってまいりました」

 「9月18日(現地時間)でありますけれども、リオのパラリンピックの閉会式にて、パエス・リオ市長、そして クレーブン・パラリンピック会長から、パラリンピックの旗を受け取ってまいりました。当日は、前回のように大雨になるかなと思ったのですけれども、一粒ぱらっときましたけれども、それだけで、無事に終わることができました。ご興味ないかもしれませんけれども、今回は緑色のタンチョウヅルの柄の友禅の和風のジャケットをご披露させていただいたところでございます」

 「それから、義足モデルのGIMICOさんのパフォーマンスなど、本当に会場が大変沸いて、次期オリンピック・パラリンピックの開催地・東京をしっかりとPRできたものだと思っております」

 「そして、これでいよいよオリンピック旗・パラリンピック旗の2本がそろったことになります。あと4年と言いますけれども、わずか4年、たった4年しかない、そういう大変重い責任を担ったという、その思いでいっぱいでございます」

 「ここからご紹介でありますけれども、オリンピック・パラリンピックはスポーツの祭典と同時に、文化の祭典ということも言えるかと思います。そこで、『東京2020文化オリンピアード』のキックオフイベントを、都と、それから組織委員会と連携いたしまして、『幕開き 日本橋』と題しまして開催をいたします。私も出席をすることといたしております」

 「それから、その後、一流の日本舞踊家、それから能楽師の方々によります祝祭的なステージパフォーマンスを行います。伝統芸能になじみのない方も、是非魅力を感じていただければと。まず、海外に発信するときには日本人がよく理解していないと、ということがございますので、ぜひ多くの皆様方にお越しいただければと存じます」

 「それから、このイベントに先立ちまして、リオデジャネイロオリンピック・パラリンピックで、今回大変優秀な成績をおさめてくれた日本代表の選手団の皆さんの合同パレードの出発式の方に出席をする予定となっております。西新橋2丁目南が出発式、そして、銀座8丁目交差点から日本橋室町・三井不動産本社前まで、これがパレードとなるという予定でございます。前回にも増して多くの方々が沿道にお越しくださること、今から4年後を目指してみんなで盛り上げていくことができればと、このように思っております。詳細は、生活文化局およびオリンピック・パラリンピック準備局にお尋ねいただければと思います」

 「それから2つ目のお知らせでございますけれども、第2回の都政改革本部の会議を開催いたします。今月初めに設置した都政改革本部でありますけれども、第2回となる会議は9月29日(木曜日)に開催を予定いたしております。方法でありますけれども、前回と同様に、プレスの皆様には最後まで公開をする、それと同時に、インターネットでの中継を行います」

 「それから、当日の議題でありますけれども、各局で取り組んでおります、自分で律する、自律改革の状況報告、このほかに『情報公開調査チーム』によります検討状況の報告、さらには『オリンピック・パラリンピック調査チーム』によります第1次の調査報告を用意していることと聞いております。そして、各局によります自主的な改革、また各調査チームによります検証内容について、充実した報告が出てくることを期待いたしております。特に、リオのオリンピック・パラリンピックが終わったところでございますので、まさしくこれからは東京における、また日本における準備に拍車がかかるというところで行われるのが今回の都政改革本部でございます。これからはどんどんスピードアップをして進めてまいりたいと考えております。詳細は、総務局にお尋ねいただければと思います」

 「3つ目のご報告でございますけれども、こちらは豊洲のみならずでありますけれども、『市場問題プロジェクトチーム』、この第1回の会議を開催いたします。これは先週お伝えいたしましたように、9月16日に設置いたしました市場問題プロジェクトチームでの第1回目の会議でございまして、開催の日取りは、同じく9月29日(木曜日)となっております。こちらの方も、プレスの皆様に最後まで公開をさせていただき、インターネット中継も行います」

 「そして、議題につきましては、まずは1回目ということでございますので、市場問題プロジェクトチームの発足の趣旨、この確認、それから築地から豊洲への移転の経緯、さらには検討課題、検討手順等々を予定しているところでございます。これまでの経緯を、改めてまず整理をする、それから検討課題を洗い出すという、その検討の手順をオープンな場で議論をしてまいりたいと考えております」

続きを読む

関連ニュース

【朝鮮学校問題】「朝鮮総連は在日の人権踏みにじっている」 小池百合子知事が打ち出した補助金凍結に、さらなる強硬策を求める声

「ニュース」のランキング