産経ニュース

【メディア裏通信簿】朝日新聞のいう「息苦しさ」って何なの? 首相夫人が沖縄の反基地闘争の現場に勝手に行っちゃうのもどうかと思うが…

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【メディア裏通信簿】
朝日新聞のいう「息苦しさ」って何なの? 首相夫人が沖縄の反基地闘争の現場に勝手に行っちゃうのもどうかと思うが…

 ヘリパッド工事現場近くで、仲間が逮捕されたことに抗議する工事反対派の市民ら(手前)。奥は道路中央に置かれた反対派の車両を動かす警察官ら=15日、沖縄県東村高江  ヘリパッド工事現場近くで、仲間が逮捕されたことに抗議する工事反対派の市民ら(手前)。奥は道路中央に置かれた反対派の車両を動かす警察官ら=15日、沖縄県東村高江

 先生 7月25日にBSフジのプライムニュースで元警視総監の米村敏朗が「ISのインフラは日本にはない」と発言したが、あれも不安になった。ISが日本でテロを起こす準備は整ってないから大丈夫だと言いたいんだろうが、日本にも、ISに参加しようとした容疑で摘発された人もいたじゃないか。彼は「2020年の東京オリンピックは自衛隊のマターじゃない」という趣旨のことも言っていたが、普通は五輪となると、軍も警備をするもんなんだよ。日本の現行法では自衛隊は警備ができないということが問題なんだ。

 そういえば、8月7日のサンデーモーニングは、過去の月刊正論に登場した稲田朋美新防衛相の核武装発言が批判的なトーンで取り上げられていたな。内閣改造当日のテレビ朝日系報道ステーションでも、仰々しく批判的に取り上げていたな。

 編集者 この平成23年3月号の対談ですか?

 教授 そうです。「長期的には日本独自の核保有を、単なる議論や精神論ではなく国家戦略として検討すべきではないでしょうか」とあるでしょう。実はこれ、何の問題もないんです。従来の政府見解も憲法上、程度によっては核兵器も保有しうるというものですし、まして閣僚になる前の発言ですから、それこそ言論の自由です。騒ぐ報道の方がおかしいんですね。  編集者 弊誌としても決しておかしな話を掲載したつもりはないですが、何度もご登場いただいている稲田先生が攻撃されたわけですから、心苦しいです。

続きを読む

関連ニュース

【メディア裏通信簿】参院選はメディアの敗北ではないか? 鳥越俊太郎はイモトアヤコのツメの垢でも煎じて飲め!

「ニュース」のランキング