産経ニュース

【メディア裏通信簿】朝日新聞のいう「息苦しさ」って何なの? 首相夫人が沖縄の反基地闘争の現場に勝手に行っちゃうのもどうかと思うが…

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【メディア裏通信簿】
朝日新聞のいう「息苦しさ」って何なの? 首相夫人が沖縄の反基地闘争の現場に勝手に行っちゃうのもどうかと思うが…

 ヘリパッド工事現場近くで、仲間が逮捕されたことに抗議する工事反対派の市民ら(手前)。奥は道路中央に置かれた反対派の車両を動かす警察官ら=15日、沖縄県東村高江  ヘリパッド工事現場近くで、仲間が逮捕されたことに抗議する工事反対派の市民ら(手前)。奥は道路中央に置かれた反対派の車両を動かす警察官ら=15日、沖縄県東村高江

 しかし、陛下の「象徴」という憲法の言葉や公務に対するお気持ちは大切にしたい一方で、今回、難しいのは、陛下の公的発言が国会や政府に法改正をさせたということになると、政治的権力をふるったことになって憲法違反になりかねない、ということだろ。

 編集者 その問題意識は右も左も同じではないですか。志位委員長は「生前退位ということになれば法的な措置が必要となってきますが、それは国民の合意、そして国民的な議論も踏まえて国会として政治の責任においてなされるべきだ」と述べていましたが、その問題に配慮していますよね。

 先生 そうか? 国民も本当に分かっているのか?

 教授 新聞各紙では、読売新聞がよく考えた上で「生前退位」、つまり譲位を肯定すべきか論じていましたね。8月9日付社説では「今後、精力的な活動が困難になった場合、象徴天皇たり得なくなるのだろうか」「生前退位には、様々な難問があることも否定できない。自発的退位は、『国民の総意に基づく』という象徴天皇の位置付けと矛盾するとの意見がある。高齢を理由とすると、一代限りの話では済まなくなることも考えられる」と慎重論も書いていました。

またも出始めた「政治利用」

 先生 このニュースを報じた沖縄の琉球新報の号外の見出しは「天皇、退位に強い思い」と、「陛下」という敬語を使っていなかった。最近のメディアには「象徴天皇制」「天皇制」という言葉があふれているが、これもおかしい。「天皇制」というのは共産主義者の造語で、要するに「日本から天皇制をなくして、真の民主制にすべきだ」というニュアンスを含んでいるんだぜ。そんな言葉を使うのは、結局、反天皇に誘導されているじゃないか。

続きを読む

関連ニュース

【メディア裏通信簿】参院選はメディアの敗北ではないか? 鳥越俊太郎はイモトアヤコのツメの垢でも煎じて飲め!

「ニュース」のランキング