産経ニュース

【スクリーン雑記帖・予告編つき】「ニュー・シネマ・パラダイス」の監督&作曲家 ミステリー調の新作「ある天文学者の恋文」でも名コンビぶりを発揮

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【スクリーン雑記帖・予告編つき】
「ニュー・シネマ・パラダイス」の監督&作曲家 ミステリー調の新作「ある天文学者の恋文」でも名コンビぶりを発揮

ジョゼッペ・トルナトーレ監督は「ニュー・シネマ・パラダイス」について「あれほど大々的な成功を収めるとは思っていなかった」と語る ジョゼッペ・トルナトーレ監督は「ニュー・シネマ・パラダイス」について「あれほど大々的な成功を収めるとは思っていなかった」と語る

 原題は「通信」。この映画ではSNS(会員制交流サイト)やスカイプ(ネット電話)、ビデオメッセージなどの通信手段が多く使われている。「2人は一貫して互いに遠く離れた場所にいる。やがてこの距離が突然起こった出来事(エドの死)でいよいよ決定的なものになってしまう。その距離を埋めるには生活に欠かせないテクノロジーに頼るほかない」

 エドを天文学者という設定にしたのには理由がある。「天文学者は星を観察する。星自体が消滅してしまっても、何世紀も経て光が私たちの目に届く。その星の比喩としてふさわしい職業として選んだ」。つまり、亡くなったあとにもエイミーにメールが届くという設定を表現するために、そうしたという。

 同じように、映画もフィルムに定着させた「過去」を伝える手段だ。「言われてみればそうだね。60~70年前に撮影された映画を見て、そこに生きている人物たちの気持ちや人生を私たちがいま共有・疑似体験しているわけだ」

 本作でも全編にわたってモリコーネの流麗な旋律が流れる。「またも彼には驚かされたよ。メロディーがすごくシンプルなんだが、寄り添うような音楽。非常にモダンな音楽を編み上げてくれたことに驚きとともに満足を覚えているよ」。モリコーネは「ニュー・シネマ・パラダイス」以来、トルナトーレ監督の全作品を担ってきた。2人の良好な関係は、以前小欄でも紹介した仏のクロード・ルルーシュ監督と作曲家のフランシス・レイのようだ。「けんかしたことはありますか」と尋ねると「ないね。一切ない」と笑って否定した。

続きを読む

このニュースの写真

  • 「ニュー・シネマ・パラダイス」の監督&作曲家 ミステリー調の新作「ある天文学者の恋文」でも名コンビぶりを発揮
  • 「ニュー・シネマ・パラダイス」の監督&作曲家 ミステリー調の新作「ある天文学者の恋文」でも名コンビぶりを発揮
  • 「ニュー・シネマ・パラダイス」の監督&作曲家 ミステリー調の新作「ある天文学者の恋文」でも名コンビぶりを発揮
  • 「ニュー・シネマ・パラダイス」の監督&作曲家 ミステリー調の新作「ある天文学者の恋文」でも名コンビぶりを発揮
  • 「ニュー・シネマ・パラダイス」の監督&作曲家 ミステリー調の新作「ある天文学者の恋文」でも名コンビぶりを発揮
  • 「ニュー・シネマ・パラダイス」の監督&作曲家 ミステリー調の新作「ある天文学者の恋文」でも名コンビぶりを発揮
  • 「ニュー・シネマ・パラダイス」の監督&作曲家 ミステリー調の新作「ある天文学者の恋文」でも名コンビぶりを発揮

関連ニュース

【スクリーン雑記帖・予告編つき】「恋愛師匠」と呼ばせて! 新作「アンナとアントワーヌ」公開の重鎮C・ルルーシュ監督に恋愛相談してみた

「ニュース」のランキング