産経ニュース

【ビジネス解読】韓国企業のブラックさは日本の比じゃなかった! 未払い賃金は1兆ウォン超 「ヘル朝鮮」の異名も…

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【ビジネス解読】
韓国企業のブラックさは日本の比じゃなかった! 未払い賃金は1兆ウォン超 「ヘル朝鮮」の異名も…

賃金未払い問題を報じる韓国のテレビニュース。日本の10倍近い年間1000億円超の賃金が支払われないままだ(youtubeより) 賃金未払い問題を報じる韓国のテレビニュース。日本の10倍近い年間1000億円超の賃金が支払われないままだ(youtubeより)

 韓国の年間未払い賃金額が年間1兆ウォン(約910億円)超に上ることが、雇用労働部(省に相当)のまとめでわかった。韓国・聯合ニュースが報じた。年度別でやや差はあるものの2009年以降、毎年1兆ウォンを超える規模の未払い賃金が生じており、14年の数字で比較した場合、金額・人数とも日本のほぼ10倍近い数字になっているという。日本でも「ブラック企業」の問題が取り沙汰されているが、そのさらに斜め上を行く“暗黒企業”っぷりである。悪質な経営者の身柄を拘束するなど、雇用労働部は取り締まりを強化しているが、市民からは「世界最大の賃金未払い国…まさにヘル朝鮮の名に恥じない…」と嘆く声が上がっている。

帰省シーズン前に、集中取り締まり

 雇用労働部は旧盆の帰省シーズンにあたる中秋節(秋夕)に向け、8月31日から9月13日までの間を「未払い賃金清算集中指導期間」とし、勤労監督官が非常勤務体制で取り締まりを行った。その結果、9月6日には大邱に本社を置く素材メーカーの経営者、李某氏(59)の身柄を拘束した。李氏は今年3月以降、経営悪化を理由に31人の給与や退職金、6億7000万ウォン(約6100万円)を支払わないまま、6月に不渡りを出して以降、行方をくらませていたという。

 また9月10日には、水原市の広告会社社長、朴某氏(46)を労働基準法違反の疑いで拘束した。朴氏は109人の給与、2億5000万ウォン(約2300万円)を支払わずに逃走していたという。

 これらは、あくまで氷山の一角にすぎない。

続きを読む

このニュースの写真

  • 韓国企業のブラックさは日本の比じゃなかった! 未払い賃金は1兆ウォン超 「ヘル朝鮮」の異名も…

関連ニュース

【ビジネス解読】韓国の海運業界が崩壊の危機に瀕している! 最大手の破綻で国際物流はマヒ なぜこんな事態に陥ったのか?

「ニュース」のランキング