産経ニュース

【ロシア万華鏡】米国の五輪選手の医療情報を次々に暴露 ロシアの関与が疑われるハッカー集団「ファンシー・ベア」の正体とは?

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【ロシア万華鏡】
米国の五輪選手の医療情報を次々に暴露 ロシアの関与が疑われるハッカー集団「ファンシー・ベア」の正体とは?

ファンシー・ベアのサイト画面(AP) ファンシー・ベアのサイト画面(AP)

米政党組織も攻撃

 ファンシー・ベアは今夏、米民主党関連団体の情報システムがサイバー攻撃を受けた際にも関与が指摘されていた。米紙クリスチャン・サイエンス・モニター(CSM、電子版)によれば、米国の情報セキュリティー企業「クラウドストライク」の幹部は、ファンシー・ベアがロシア軍参謀本部情報総局(GRU)の関連組織である可能性を指摘していた。

 CSMによれば、ファンシー・ベアはそれまでも、ロシア政府にとり「戦略的に重要な組織」を攻撃の対象としており、彼らの利用するプログラムもロシアのサーバー内にあることが確認されたという。また彼らのサイバー攻撃はモスクワ時間の午前8時から午後8時までの間に実施されており、これが「利益目的の犯罪者ではなく、政府系の労働者による行為」であることを示唆しているという。

 露当局とファンシー・ベアのつながりについて、ペスコフ露大統領報道官は「政府やロシアの機関がそのような行為に関与することなどあり得ない」と否定。プーチン大統領がかつて、「現代のハッカーはあらゆる第三国を経由して(犯罪を)実施することができる」と語ったことを引き合いに、軽率な判断はつつしむべきとの考えを示した。

続きを読む

関連ニュース

【ロシア万華鏡】ロシア極東で安倍晋三首相を絶賛する声が続出 「中国、韓国より日本が大事だ!」 日露経済協力は活発化するのか? 

「ニュース」のランキング