産経ニュース

【河崎真澄のチャイナウオッチ】「阿Q」の呪縛は続いている 魯迅没後80年、生誕135年にして中国社会の病巣はなお変わらず

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【河崎真澄のチャイナウオッチ】
「阿Q」の呪縛は続いている 魯迅没後80年、生誕135年にして中国社会の病巣はなお変わらず

新聞記者らを前に話す魯迅(左端)の姿を再現して上海市内の四川北路に接する多倫路に置かれいる像(河崎真澄撮影) 新聞記者らを前に話す魯迅(左端)の姿を再現して上海市内の四川北路に接する多倫路に置かれいる像(河崎真澄撮影)

 近代中国の文豪、魯迅がぜんそく発作によって上海市内で亡くなったのは1936年10月19日。55歳だった。今年は没後80年、生誕から135年にあたる。

 魯迅が晩年を過ごした旧居が市内の山陰路に残されている。1930年代、数万人の日本人が暮らしていた“日本租界”とも呼ばれた虹口(ホンキュ)の一角にある、3階建てレンガ造りの瀟洒(しょうしゃ)なアパートだ。

 山陰路はかつてスコット路と呼ばれた。旧居から通り沿いに歩いて数分先、現在は四川北路となっている場所に、魯迅が通った「内山書店」の所在地を示すプレートがかかっている。

 日本人の内山完造(1885~1959年)が開いた書店で、日中の文化人が集まるサロンとなり、プレートには魯迅と内山の2人の姿が刻印されていた。

 初秋の週末、魯迅をしのぶ散歩に出たのは、魯迅が作品を通じて訴え続けてきたことが、いまなお指導者には届いていないのではないか、と感じたからだ。

 紹興酒で知られる浙江省紹興で1881年9月25日に生まれた魯迅(本名は周樹人)。医学を志して1905年に初の中国人として仙台医学専門学校(現在の東北大学医学部)に留学したが、当時、虐げられていた中国人の姿をみて、医学よりも「むしろ最初に果たすべき任務はかれら(中国人)の精神を改造することだ」(短編集「吶喊(とっかん)」の自序)との思いを強くし、文芸の道から「中華民族の覚醒」を求めようとした。

続きを読む

このニュースの写真

  • 「阿Q」の呪縛は続いている 魯迅没後80年、生誕135年にして中国社会の病巣はなお変わらず
  • 「阿Q」の呪縛は続いている 魯迅没後80年、生誕135年にして中国社会の病巣はなお変わらず

関連ニュース

【河崎真澄のチャイナウオッチ】香港&台湾の学生たちの「反中」地下水脈が静かに合流…民主化の大きなうねりとなるのか?

「ニュース」のランキング