産経ニュース

【アニメ最前線】「タイムボカン」「タイガーマスク」…名作の“続編”が10月、相次ぎスタート 「昭和アニメ」って逆に新鮮? 

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【アニメ最前線】
「タイムボカン」「タイガーマスク」…名作の“続編”が10月、相次ぎスタート 「昭和アニメ」って逆に新鮮? 

「タイガーマスクW」(C)梶原一騎・辻なおき/講談社 (C)テレビ朝日・東映アニメーション 「タイガーマスクW」(C)梶原一騎・辻なおき/講談社 (C)テレビ朝日・東映アニメーション

 この秋、往年の名作アニメの“続編”が相次いでスタートする。「タイムボカン」シリーズからは、「タイムボカン24(トゥエンティーフォー)」が10月1日夕に始まり、「タイガーマスク」も「タイガーマスクW(ダブル)」として同日深夜、約35年ぶりに復活する。近年、過去の作品が現代風になって帰ってくるケースが多く、「若いファンにとって昭和の名作アニメは逆に新鮮」という指摘もある。(本間英士)

平成の子供にも面白い

 「タイムボカン」は昭和50~51年にかけて放送された人気アニメ。「ヤッターマン」(52~54年)など多くの続編が制作された。その最新作「タイムボカン24」(土曜午後5時半、一部地域除く)が、10月から日本テレビ系で始まる。

 主人公のトキオは24世紀の組織「時空管理局」にスカウトされ、教科書に書かれている歴史は全て“嘘”であることを知る-という設定だ。クレオパトラの正体は「クレ夫」と「パトラ」のコンビ漫才師だった…など、本当の歴史はもっと面白かったのだ。トキオはさまざまなメカを駆使し、教科書通りの歴史を守るために教科書会社が雇った「三悪」こと3人の憎めない悪役たちと戦う…。

続きを読む

このニュースの写真

  • 「タイムボカン」「タイガーマスク」…名作の“続編”が10月、相次ぎスタート 「昭和アニメ」って逆に新鮮? 

関連ニュース

【アニメ最前線】「君の名は。」「聲の形」「ルドルフ」 なぜか岐阜が舞台の映画が続々と…地元ファン「まさか“聖地”になるとは!」

「ニュース」のランキング