産経ニュース

【江藤詩文の世界鉄道旅】グランドキャニオン鉄道(1)オトコは60歳から!? 列車の主役はカッコよ過ぎるシニアたち

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【江藤詩文の世界鉄道旅】
グランドキャニオン鉄道(1)オトコは60歳から!? 列車の主役はカッコよ過ぎるシニアたち

「ラグジュアリー・パーラー・クラス」は往路・復路ともに最後尾。行きはガラガラだったが帰りは満席だった 「ラグジュアリー・パーラー・クラス」は往路・復路ともに最後尾。行きはガラガラだったが帰りは満席だった

 「グランドキャニオン鉄道」のウリのひとつが、汽笛を鳴らしながらスケジュール通りに出発/到着する“定時運行”だ。出発時刻の30分ほど前に、乗客は屋外シアターに集められカウボーイショーを楽しむ。その間にグランドキャニオン鉄道は入線し、出発準備を進めるのだ。

 ショーのストーリー自体は、馬を連れたカウボーイが仲間割れをして早撃ちで決闘を行い、そこに保安官も加わってドンパチするというわかりやすい寸劇だが、ここで活躍するのがシニア世代のカウボーイたち。彼らは朝いちばんの寸劇に始まって、出発地「ウイリアムス」とグランドキャニオンの南側「サウスリム」を往復する車内で乗客を喜ばせ、停車中は乗客以外の観光客にも記念撮影に応じるなど、休むヒマもなく大活躍している。

 まるでスターのような風格で観客に手を振るのは、いずれも60台以上のシニアだが、実は若者もいるにはいるのだ。すらりとした細身に金髪、甘いマスクの青年カウボーイはどう見てもシニアより見目麗しく、主役を演じてもよさそうなものなのに、寸劇ではいちばん最初に撃ち殺されて地面にうつぶせに倒れ、大物たちがファンに囲まれて記念撮影をする脇で、馬の手入れをしていた。

続きを読む

このニュースの写真

  • グランドキャニオン鉄道(1)オトコは60歳から!? 列車の主役はカッコよ過ぎるシニアたち
  • グランドキャニオン鉄道(1)オトコは60歳から!? 列車の主役はカッコよ過ぎるシニアたち
  • グランドキャニオン鉄道(1)オトコは60歳から!? 列車の主役はカッコよ過ぎるシニアたち
  • グランドキャニオン鉄道(1)オトコは60歳から!? 列車の主役はカッコよ過ぎるシニアたち
  • グランドキャニオン鉄道(1)オトコは60歳から!? 列車の主役はカッコよ過ぎるシニアたち
  • グランドキャニオン鉄道(1)オトコは60歳から!? 列車の主役はカッコよ過ぎるシニアたち

「ニュース」のランキング