産経ニュース

【高知東生被告初公判詳報(2)】覚醒剤「やってみない?」と五十川被告を誘う 「つてはないか」と入手も依頼 

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【高知東生被告初公判詳報(2)】
覚醒剤「やってみない?」と五十川被告を誘う 「つてはないか」と入手も依頼 

【高知東生被告初公判】初公判に出廷するため東京地裁に入る高知東生被告=東京地裁(撮影・矢島康弘) 【高知東生被告初公判】初公判に出廷するため東京地裁に入る高知東生被告=東京地裁(撮影・矢島康弘)

 覚醒剤を使用したなどとして、覚せい剤取締法違反(使用、所持)などの罪に問われた元俳優、高知東生(たかち・のぼる、本名・大崎丈二)被告(51)と知人の元クラブホステス、五十川(いそかわ)敦子被告(34)の初公判が31日午後1時半、東京地裁で始まった。

 《「間違いありません」と起訴内容を認めた2人が弁護人の前の席に並んで着席すると、男性検察官が冒頭陳述を始めた》

 《検察側がまず読み上げたのは、2人の「身上経歴」だ。高知県で生まれた高知被告が芸能界に入り、27年秋に引退したことなどを説明。五十川被告についてもキャビンアテンダントやモデル、飲食店店員(クラブホステス)だったと説明。その後、2人の結婚歴にも言及する》

 検察官「高知被告は、2度の結婚歴がある。五十川被告は婚姻歴はない」

 《高知被告の2人目の妻は、女優の高島礼子さん(51)だ。高島さんは事件後の8月1日に所属事務所を通じて離婚を発表している》

 《続いて、検察側が2人が出会った経緯と薬物に手を染め出した時期についての説明を始める。薬物を入手する役目を担っていたのは、五十川被告だったという》

 検察官「五十川被告は、依頼がなくても薬物を購入するようになり、高知被告が事後に払うこともあった。共に使用した後、残りを分けて自宅に持ち帰り、自宅でも使用した」

続きを読む

このニュースの写真

  • 覚醒剤「やってみない?」と五十川被告を誘う 「つてはないか」と入手も依頼 
  • 覚醒剤「やってみない?」と五十川被告を誘う 「つてはないか」と入手も依頼 
  • 覚醒剤「やってみない?」と五十川被告を誘う 「つてはないか」と入手も依頼 

「ニュース」のランキング