産経ニュース

【江藤詩文の世界鉄道旅・夏休み特別企画】越乃Shu*Kura(こしのしゅくら)(3)次こそ乗りたい! あこがれの“1号車”

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【江藤詩文の世界鉄道旅・夏休み特別企画】
越乃Shu*Kura(こしのしゅくら)(3)次こそ乗りたい! あこがれの“1号車”

和モダンなデザインの2号車 和モダンなデザインの2号車

 酒呑みのための天国列車『越乃Shu*Kura』は、3両編成で運行されている。

 1号車は定員34名で『びゅう』旅行商品専用車両になっている。シートタイプは、広めのテーブルを囲んで2席ずつが向かい合った、グループにおすすめの「らくらくボックスシート」、海が見える側の大きな窓の正面に配されたカウンターとベンチシートで、他の乗客が気にならないためカップルにぴったりの「展望ペアシート」、展望ペアシートの乗客越しに車窓を見ることになるけれど、パーテーションで仕切られてプライベート感があり、ソファでゆったりくつろげる「くつろぎペアシート」の3タイプで構成されている。 2号車はイベントスペースとサービスカウンター「蔵守~Kuramori~」。イベントスペースには酒樽がモチーフのスタンディングテーブルがあり、地元・新潟で活躍するミュージシャンによるライブ演奏や、蔵元によるテイスティングサービスといったイベントが開催される。

 3号車は定員36名。乗車券と指定席料金520円のみで乗車できる。通路を挟んでリクライニングシートが2席ずつ並んでいて、自由にくつろげる8人用のフリースペースもある。指定席券は空席があれば当日でも購入できる。

 ちなみに1号車でも3号車でも、ゲストは利き酒をしたり、音楽に合わせてリズムを取ったり、杯を片手に乗客同士で談笑したり、同乗してくれた蔵元と酒談義に興じたり、お土産を買ったり酒を補充したり、乗車時間の大半を2号車で過ごす。その意味では3号車でじゅうぶんだと思いきや、1号車にはさまざまなアドバンテージがあった。とりわけ私が心惹かれたのは、1号車だけに提供されるオリジナルメニュー「水と大地の贈り物」だ。私が乗車した十日町駅行きでは「Echigo-Breakfast」つまり“朝食”とうたいながら、魚の漬け焼きだのぬか漬けだの、酒のアテとしか思えない小鉢が詰め合わせられている。この春から、日本酒を楽しむ女性のコミュニティ「にいがた美醸」がメニュー開発をサポートしているそうだ。

続きを読む

このニュースの写真

  • 越乃Shu*Kura(こしのしゅくら)(3)次こそ乗りたい! あこがれの“1号車”
  • 越乃Shu*Kura(こしのしゅくら)(3)次こそ乗りたい! あこがれの“1号車”
  • 越乃Shu*Kura(こしのしゅくら)(3)次こそ乗りたい! あこがれの“1号車”
  • 越乃Shu*Kura(こしのしゅくら)(3)次こそ乗りたい! あこがれの“1号車”
  • 越乃Shu*Kura(こしのしゅくら)(3)次こそ乗りたい! あこがれの“1号車”
  • 越乃Shu*Kura(こしのしゅくら)(3)次こそ乗りたい! あこがれの“1号車”

「ニュース」のランキング