産経ニュース

民進・岡田克也代表会見詳報(上)「SEALDsと政党との関係は緊張をはらむが、共闘できるところはする」

ニュース プレミアム

記事詳細

更新


民進・岡田克也代表会見詳報(上)「SEALDsと政党との関係は緊張をはらむが、共闘できるところはする」

会見する民進党の岡田克也代表=18日午後、東京・永田町の民進党本部(斎藤良雄撮影) 会見する民進党の岡田克也代表=18日午後、東京・永田町の民進党本部(斎藤良雄撮影)

 核の先制不使用はさまざまな議論を呼ぶ話で、私が外相のときにもいろいろな議論があった。ただし今回、オバマ大統領が広島に来られて、そういう中で核なき世界を目指してさらに努力するということを言われた。先制不使用の話が本当にオバマ政権の中で議論になっているかどうかすら、私は承知していないが、いずれにしろオバマ大統領が核なき世界に向かって一歩前に進めようということであれば、それに協力していくのが日本国政府の態度ではないか。そうでないと、大統領が広島に来られたことの意義を日本自身が潰してしまっていることになりかねない話だ。

 核先制不使用について、日本にとっての抑止力が減じられるという議論もある。もちろん今、日本国政府が働きかけをしているかどうかについてすら認めていない状況の中で、この問題に深入りすることは避けるが、少なくとも米国政府の取っている消極的安全保障、つまり核を持っていない国に対する核使用はしないことについては、日本国政府は異論を述べていないはずだ。

続きを読む

このニュースの写真

  • 民進・岡田克也代表会見詳報(上)「SEALDsと政党との関係は緊張をはらむが、共闘できるところはする」
  • 民進・岡田克也代表会見詳報(上)「SEALDsと政党との関係は緊張をはらむが、共闘できるところはする」
  • 民進・岡田克也代表会見詳報(上)「SEALDsと政党との関係は緊張をはらむが、共闘できるところはする」

関連ニュース

民進・岡田克也代表会見詳報(下)安倍晋三首相の“ゴルフ三昧”に舌鋒鋭く…と思いきや、「悪いことじゃない」

「ニュース」のランキング