産経ニュース

【iRONNA発】リオ五輪の鳴りやまないブーイングと高まるフラストレーション 仲野博文(ジャーナリスト)

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【iRONNA発】
リオ五輪の鳴りやまないブーイングと高まるフラストレーション 仲野博文(ジャーナリスト)

開会式で入場行進する福原愛(手前中央左)と伊藤美誠(同右)ら=5日、リオデジャネイロ(共同) 開会式で入場行進する福原愛(手前中央左)と伊藤美誠(同右)ら=5日、リオデジャネイロ(共同)

低コストでも印象に残る開会式

 5日の開会式も無事に終了し、リオ五輪が本格的にスタートした。『シティ・オブ・ゴッド』や『ナイロビの蜂』を手掛けた映画監督のフェルナンド・メイレレス氏が総合演出として参加した開会式では、ブラジル建国の歴史から地球温暖化問題まで、幾つものテーマがパフォーマンスによって表現され、リオのファベーラ(スラム街)で暮らす子供達による合唱はブラジルに暮らす多くの貧困層もコミュニティの一員なのだというメイレレス氏の主張を感じ取ることができるものであった。また、移民国家ブラジルの歴史を紹介するパフォーマンスで日系移民について触れてくれたことも、多民族国家ブラジルらしい演出であった。(iRONNA)

 開会式にかかった費用に関して、現時点で詳細は出ていないものの、複数のメディアは2012年のロンドン大会の半分程度と伝えており、前回よりも低いコストで印象に残る開会式の演出を手掛けたメイレレス氏の手腕を評価したい。前回のロンドン五輪でも、『トレイン・スポッティング』や『スラムドッグ・ミリオネア』といった代表作を持つ映画監督のダニー・ボイル氏が総合演出を担当。こちらもイギリスらしさをユーモラスに表現した開会式であったが、メイレレス氏の演出も甲乙付け難い完成度であった。

続きを読む

このニュースの写真

  • リオ五輪の鳴りやまないブーイングと高まるフラストレーション 仲野博文(ジャーナリスト)

関連ニュース

【魅惑アスリート・リオ五輪編】世界最高の舞台にふさわしい美女は? 水球エディナ・ガグル26歳 

「ニュース」のランキング