産経ニュース

【正論】韓国防相「THAAD情報は日本と共有しない」答弁は中国への配慮か 危機が韓国内で自己完結するはずがない 防衛大学校教授・倉田秀也

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【正論】
韓国防相「THAAD情報は日本と共有しない」答弁は中国への配慮か 危機が韓国内で自己完結するはずがない 防衛大学校教授・倉田秀也

防衛大学校教授・倉田秀也氏=東京都千代田区 防衛大学校教授・倉田秀也氏=東京都千代田区

 曲折を経て、高高度防衛ミサイル(THAAD)の韓国配備が決定した。配備されるのは韓国南東部慶尚北道の内陸、忠清北道との道境に近い星州という。韓国国防省はTHAADが配備されることで韓国が「戦時」に陥った際、日本海側からの米軍の増援を接受する釜山、大邱をはじめ韓国の大半の防御に寄与すると説明した。

中国に配慮した独自の解釈

 ミサイル防衛と韓国との関係は、1990年代後期、金大中政権の戦域ミサイル防衛(TMD)導入論議に遡(さかのぼ)る。それが逡巡(しゅんじゅん)を極めたのは、多分に韓国が置かれた地政的条件による。韓国にTMDが配備されれば、米国のミサイル防衛網に連動することで、中国がその対米抑止力が削(そ)がれるとの疑念を向けたからであった。逡巡の末、韓国が導入したのは、低層防衛のみ、しかもドイツ空軍の中古PAC-2だった。当時の韓国にとって、対米外交と対中外交の双方を管理する上での均衡点だったのかもしれない。

 朴槿恵政権もまた、低層防衛をPAC-3へ格上げするなど、韓国型ミサイル防衛(KAMD)を構想している。ミサイル防衛に「韓国型」の枕詞(まくらことば)を冠するのも、それが中国を対象としないことを強調するために他ならない。かくして、かの地ではミサイル防衛とは、中国を念頭に置く米国の構想と同義に解される。ミサイル防衛という語それ自体が、中国への含意をもつとでもいうべきか。

続きを読む

「ニュース」のランキング