産経ニュース

【江藤詩文の世界鉄道旅・夏休み特別企画】きかんしゃトーマス号(2)平成キッズも大はしゃぎ。昭和な車内と“昭和のオンナ”

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【江藤詩文の世界鉄道旅・夏休み特別企画】
きかんしゃトーマス号(2)平成キッズも大はしゃぎ。昭和な車内と“昭和のオンナ”

旧国鉄の客車。私が乗った車両の形式はスハフ42 304。 旧国鉄の客車。私が乗った車両の形式はスハフ42 304。

「ぼくは、へいせいにじゅうよねんうまれです。よんさいになりました」

 ピカピカに磨かれた蒸気機関車「きかんしゃトーマス」号には、7両の客車が連結された(後に到着した千頭駅でわかったことだが、約1時間の走行後はすすで汚れるため「子どもたちの夢を壊さないように」と、機関士や車掌が出発前も到着後も手作業で丁寧に磨き上げている)。前方車両は、大井川本線沿線の保育園に通う子どもたちが、すし詰め状態に座ってはしゃいでいる。へ~、平成24年ってつい最近じゃん、もうこの連載始めてたよ……。

 ま、私も昭和の香りをしっかり漂わせているわけだが、この客車の“昭和感”といったらどうだろう。SLがきれいにドレスアップしているのに比べて、三角旗やヘッドカバーでそれなりに見せてはいるものの“うらぶれた昭和のおっさん”みたいなくたびれた感じが妙に落ち着く。こないだ生まれた子どもたちにとっては、古めかしい扇風機が回っているのも、窓が重くてガタピシいうのも、すべてが新鮮なようで、歓声を上げている。

 「こちらは旧国鉄の客車をそのまま使っておりますので、エアコンは付いておりません。本日は暑いですので窓を開けておりますが、トンネルが続くエリアに入りましたら、窓を閉めてください」と言うのは、車掌の柴祐介さんだ。普段は運転士として乗務することもあるそうだ。

続きを読む

このニュースの写真

  • きかんしゃトーマス号(2)平成キッズも大はしゃぎ。昭和な車内と“昭和のオンナ”
  • きかんしゃトーマス号(2)平成キッズも大はしゃぎ。昭和な車内と“昭和のオンナ”
  • きかんしゃトーマス号(2)平成キッズも大はしゃぎ。昭和な車内と“昭和のオンナ”
  • きかんしゃトーマス号(2)平成キッズも大はしゃぎ。昭和な車内と“昭和のオンナ”
  • きかんしゃトーマス号(2)平成キッズも大はしゃぎ。昭和な車内と“昭和のオンナ”
  • きかんしゃトーマス号(2)平成キッズも大はしゃぎ。昭和な車内と“昭和のオンナ”

「ニュース」のランキング