産経ニュース

【江藤詩文の世界鉄道旅・夏休み特別企画】きかんしゃトーマス号(1)かわいい顔したハードボイルド“トーマス”に乗ってみた

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【江藤詩文の世界鉄道旅・夏休み特別企画】
きかんしゃトーマス号(1)かわいい顔したハードボイルド“トーマス”に乗ってみた

ホームにはトップハム・ハット卿の姿も ホームにはトップハム・ハット卿の姿も

 大井川鐵道といえば、SLを動態保存し年間300日以上も営業運転している日本で唯一の鉄道会社として、鉄道ファンにはおなじみだ。そんな大井川鐵道による期間限定のSL列車「きかんしゃトーマス号」の運転が今年も始まった。2014年に初めて登場し、今年で3シーズン目となる。

 「きかんしゃトーマス」は、英国で放映され世界中に広まった子ども向けのテレビ番組。原作は、英国人のオードリー牧師が病気の息子を楽しませるために語ったストーリーが元になった「汽車のえほん」シリーズで、架空の島「ソドー島」で「トップハム・ハット卿」が局長を務める「ソドー鉄道」を舞台に、青いタンク式蒸気機関車「トーマス」や赤いテンダ式蒸気機関車「ジェームス」といった個性豊かな車両キャラクターが巻き起こす脱線や衝突など、さまざまなものがたりを描いている。

 7月21日には「トーマス」と「ジェームス」の重連による特別列車が運行され、地元・静岡県島田市の幼稚園児や関係者、メディアが招かれて、このコラムの書き手である私もその末席に加えられた。どうやら鉄道メディアがたくさん来るらしい。日ごろひとりで鉄道に乗り、レポートしている私にはなんだか感慨深い。

続きを読む

このニュースの写真

  • きかんしゃトーマス号(1)かわいい顔したハードボイルド“トーマス”に乗ってみた
  • きかんしゃトーマス号(1)かわいい顔したハードボイルド“トーマス”に乗ってみた
  • きかんしゃトーマス号(1)かわいい顔したハードボイルド“トーマス”に乗ってみた
  • きかんしゃトーマス号(1)かわいい顔したハードボイルド“トーマス”に乗ってみた
  • きかんしゃトーマス号(1)かわいい顔したハードボイルド“トーマス”に乗ってみた
  • きかんしゃトーマス号(1)かわいい顔したハードボイルド“トーマス”に乗ってみた

「ニュース」のランキング