産経ニュース

【江藤詩文の世界鉄道旅・夏休み特別企画】越乃Shu*Kura(こしのしゅくら)(2)“呑み鉄”改め“撮り鉄”モードで全力ダッシュ!

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【江藤詩文の世界鉄道旅・夏休み特別企画】
越乃Shu*Kura(こしのしゅくら)(2)“呑み鉄”改め“撮り鉄”モードで全力ダッシュ!

「青海川」駅に停車した「越乃Shu*Kura」。日本の伝統色である「藍下黒(あいしたぐろ)」という青みを帯びた黒と白を組み合わせている 「青海川」駅に停車した「越乃Shu*Kura」。日本の伝統色である「藍下黒(あいしたぐろ)」という青みを帯びた黒と白を組み合わせている

 酒呑みならおわかりいただけるかと思うが、初めて訪れた酒場で、自分好みのビールが用意されていて冷え具合や注ぎ方がよいと、その後への期待がぐっと膨らむものだ。

 さて、酒呑みのための極楽列車『越乃Shu*Kura(こしのしゅくら)』が直江津駅を出発したのは定刻ちょうどの午前10時18分。しつこく繰り返すが「GENBI SHINKANSEN/現美新幹線」でビールやワインを見送った私は、「利き酒コーナー」の品書きをためつすがめつしながら、それでもまだ自制心を保っていた。2号車のサービスカウンター「蔵守~Kuramori~」のショーケースに並んでいるのは、厳選された新潟県内の地酒5銘柄。そのラインナップは、十日町市「松乃井酒造場」の「凌駕 純米大吟醸」300円、加茂市「雪椿酒造」の「越乃雪椿 純米吟醸 越端麗」200円、新潟市「石本酒造」の「越乃寒梅 白ラベル」100円、上越市「頸城酒造」の「越路乃紅梅 純米吟醸」200円、糸魚川市「田原酒造」の「雪鶴 純米吟醸」200円。ほかに四合瓶も何種類か用意されている。

 「蔵守」には酒を求める乗客がわらわらと群がり、2号車は早くもほろ酔いの楽しげな雰囲気に満たされた。けれども私は心に固く誓っていた。午前10時50分が酒を解禁する時間だと……。

続きを読む

このニュースの写真

  • 越乃Shu*Kura(こしのしゅくら)(2)“呑み鉄”改め“撮り鉄”モードで全力ダッシュ!
  • 越乃Shu*Kura(こしのしゅくら)(2)“呑み鉄”改め“撮り鉄”モードで全力ダッシュ!
  • 越乃Shu*Kura(こしのしゅくら)(2)“呑み鉄”改め“撮り鉄”モードで全力ダッシュ!

「ニュース」のランキング