産経ニュース

【江藤詩文の世界鉄道旅・夏休み特別企画】越乃Shu*Kura(こしのしゅくら)(1)呑み鉄にはたまらない、大人のための“日本酒列車”

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【江藤詩文の世界鉄道旅・夏休み特別企画】
越乃Shu*Kura(こしのしゅくら)(1)呑み鉄にはたまらない、大人のための“日本酒列車”

新潟の風景に溶け込んだ『越乃Shu*Kura(こしのしゅくら)』 新潟の風景に溶け込んだ『越乃Shu*Kura(こしのしゅくら)』

 先週お話した通り、私は「GENBI SHINKANSEN/現美新幹線」の車内で未練を残しつつ「カーブドッチ」のワインやビールに背を向けた。その理由は、GENBI下車後にこれへの乗車が控えていたからだ。“酒どころ新潟”で、“厳選された銘柄の日本酒”を、心ゆくまで堪能できるという呑み鉄のためのパラダイス列車『越乃Shu*Kura(こしのしゅくら)』。

 それにしたって世界でも類をみないこんな列車、いったい誰が発案したんだろう。すばらしすぎる。そう駅員に尋ねてみると、運行を担当しているのはJR東日本新潟支社だという。さすが酒天国のお膝元。JR東日本に確認したわけではまったくないが、きっと新潟支社には酒好きの酒豪が溢れているに違いない。車掌からは「そうですね、まあ数多くの銘酒があるうえ、新潟は魚も酒肴(さかな!)もうまいですから。酒豪はどうでしょうか」。と、いかにも酒呑みらしいダジャレ混じりの含みのある答えが返ってきた。

 日本酒列車は3路線を運行していて、いずれも「上越妙高」駅をターミナルとして、「十日町」駅発着が「越乃Shu*Kura(こしのしゅくら)」、「越後湯沢」駅発着が「ゆざわShu*Kura」、「新潟」駅発着が「柳都Shu*Kura(りゅうとしゅくら)」と、いずれも風雅な名で呼ばれている。休日を中心に運行されていて全車が指定席だ。途中駅での乗降車も可能で、私は「直江津」駅から乗り込んだ。

続きを読む

このニュースの写真

  • 越乃Shu*Kura(こしのしゅくら)(1)呑み鉄にはたまらない、大人のための“日本酒列車”
  • 越乃Shu*Kura(こしのしゅくら)(1)呑み鉄にはたまらない、大人のための“日本酒列車”
  • 越乃Shu*Kura(こしのしゅくら)(1)呑み鉄にはたまらない、大人のための“日本酒列車”

「ニュース」のランキング