産経ニュース

【耳寄り情報】眠れる森のコーヒー?! 脱カフェインの「デカフェ」 機能は眠気覚ましから「癒やし」へ進化

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【耳寄り情報】
眠れる森のコーヒー?! 脱カフェインの「デカフェ」 機能は眠気覚ましから「癒やし」へ進化

ペットボトル飲料の発売イベントでは、自家焙煎コーヒー店を営む楡井有子さん(左)や雑誌編集者が、盛り上がるデカフェについて語りあった=東京都港区 ペットボトル飲料の発売イベントでは、自家焙煎コーヒー店を営む楡井有子さん(左)や雑誌編集者が、盛り上がるデカフェについて語りあった=東京都港区

 カフェイン抜きコーヒーというと、味も抜けているイメージがあったが、ここ数年、味や香りをきちんと残した豆の輸入が増え「普通のコーヒーと遜色ない」と評判。「デカフェ」の名で広がっている。「刺激物は控えたい」「飲み過ぎて心配」…。コーヒー好きの間でも健康意識が高まり、コーヒーに求める機能は「眠気覚まし」から「癒やし」などへ多様化している。(重松明子、写真も)

 勤務先のビルに構える「スターバックス」でメニューにないデカフェを注文すると、「はい。8~10分いただきますが」。感じよく専用豆を抽出してくれた。トールサイズ345円など通常のドリップコーヒーと同価格で、味もしっかりしている。「複雑な味わいが特徴。約6年前から需要が伸び、認知も高まった。妊産婦や健康志向の方に選ばれている」とスターバックスコーヒージャパン広報。

 ドリップバッグコーヒー通販の草分け「ブルックス」では、3年前にエスプレッソタイプのデカフェ「眠れる森のコーヒー」(1杯当たり67・5円)を発売。同社では今年、デカフェが前年同期比107%と好調という。

 全日本コーヒー協会によると、カフェイン抜き豆の輸入量は平成25年の1347トンからわずか2年後の27年には2446トンにまで急増した。

 日本で流通できるカフェイン抜きの加工法は「水出し」「超臨界ガス」の2種類という。「以前一般的だった水出しは風味も抜けてしまったが、炭酸ガスに高圧をかけてカフェインだけを効率的に抜く後者の技術がヨーロッパで普及し、おいしさが知られるようになってきた」と同協会の西野豊秀専務理事。

続きを読む

このニュースの写真

  • 眠れる森のコーヒー?! 脱カフェインの「デカフェ」 機能は眠気覚ましから「癒やし」へ進化
  • 眠れる森のコーヒー?! 脱カフェインの「デカフェ」 機能は眠気覚ましから「癒やし」へ進化

「ニュース」のランキング