産経ニュース

【至誠の人 揖取素彦物語(48)】中村紀雄 「私も孟子でいこう」

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【至誠の人 揖取素彦物語(48)】
中村紀雄 「私も孟子でいこう」

 支藩の藩主は異議なく幕命には応じないことに意見を一致させた。幕府は長州藩に対する指示命令を隣藩広島藩を介して行った。

 表面は恭順を装いつつ、長州の臨戦態勢は進んでいた。長州をめぐる環境は大きく変化していた。何と言っても、最大の力は西国最大の雄藩薩摩との連携が進んでいたことである。

 今や、長州内の空気には意気軒昂たるものがあった。一方、幕府は長州戦で勝ったとはいえ、その後は長州藩に侮辱された状況となり、面目は丸潰れであった。このままでは幕府の威厳は地に堕(お)ち幕府の存続に関わる。遂(つい)に幕府は第2次長州征伐を諸国に発令した。慶応元年(1865)5月のことであった。

「ニュース」のランキング