産経ニュース

【都知事選・小池百合子氏出馬会見詳報(1)】小池百合子の乱勢い「韓国人学校 都の土地提供、貸し出しはまあ撤回ですね」

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【都知事選・小池百合子氏出馬会見詳報(1)】
小池百合子の乱勢い「韓国人学校 都の土地提供、貸し出しはまあ撤回ですね」

自民党の推薦を受けずに都知事選の出馬を表明、会見する小池百合子元防衛相=6日午後、東京・永田町の衆院第一議員会館(斎藤良雄撮影) 自民党の推薦を受けずに都知事選の出馬を表明、会見する小池百合子元防衛相=6日午後、東京・永田町の衆院第一議員会館(斎藤良雄撮影)

 東京についていうと、東京都連の一員に名を連ねてきたが、正直申し上げて、どこで誰が何を決めているのかということが不透明なことが多かった。そんな思いだ。ブラックボックスのような形だった。また、この思いというのは、都連に所属している各級の議員に共通する思いで、都連と一くくりにされるが、一人一人に聞いてみてください。いろんな思いがある。そのことをぜひ申し上げておきたい。

 そしてなぜここ2代、猪瀬直樹さん、舛添要一さん、短期間で知事が替わってきたのか。舛添さんの湯河原に毎週行くというのは論外だが、お二人とも大変有能でビジョンも明確なものをお持ちだ。ところが、いつしかこのような状況に短期間で陥ってしまうのはなぜなのか。そのことも考え合わせていかなければならない。つまり、誰かにとって都合が悪い、もしくは不都合なときに捨てられるということが続いてきたように思う。

 都政の安定はもとより重要だ。着実に一つ一つをこなしていく。進めていく。これが行政の在り方だ。そのことはよく存じている。とはいえ、日本もそうだが、東京が抱えているさまざまな課題はより大胆な、そして強力なリーダーシップでこそ、達成が可能なのであって、そのことを率いるリーダーが必要だ。なんでも都合のいいようにやってくれるリーダーが都政に必要なのかというと、私は違うと思う。国政においては安倍晋三首相の強力なリーダーシップで、日本を取り戻すということで私も一緒に進めてきた。東京では都民のための都政を取り戻すことが、今こそ必要だと考えている。そのためには、都民の皆さんの共感を得られる大義ある政策を提示して、実践していきたい。

続きを読む

このニュースの写真

  • 小池百合子の乱勢い「韓国人学校 都の土地提供、貸し出しはまあ撤回ですね」
  • 小池百合子の乱勢い「韓国人学校 都の土地提供、貸し出しはまあ撤回ですね」
  • 小池百合子の乱勢い「韓国人学校 都の土地提供、貸し出しはまあ撤回ですね」
  • 小池百合子の乱勢い「韓国人学校 都の土地提供、貸し出しはまあ撤回ですね」
  • 小池百合子の乱勢い「韓国人学校 都の土地提供、貸し出しはまあ撤回ですね」

「ニュース」のランキング