産経ニュース

【江藤詩文の世界鉄道旅・夏休み特別企画】GENBI SHINKANSEN/現美新幹線(3)布に鏡、アニメまで。アーティストの個性が光る各車両

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【江藤詩文の世界鉄道旅・夏休み特別企画】
GENBI SHINKANSEN/現美新幹線(3)布に鏡、アニメまで。アーティストの個性が光る各車両

新潟駅に停車中の「GENBI SHINKANSEN/現美新幹線」 新潟駅に停車中の「GENBI SHINKANSEN/現美新幹線」

 世界最速の芸術鑑賞空間「GENBI SHINKANSEN/現美新幹線」、通称“現美”は6両編成で、これまで11号車が指定席、12~16号車が「びゅう」の旅行商品として発売されていた。しかしこの7月から12~16号車は自由席として発売が開始された。

 普通指定席の11号車に使われているのは、「こまち」のグリーン車だった車両。この車両は、落ち着いて移動したい乗客に向けた座席とアートを同時に提供している。「五穀豊穣」「祝祭」「光」をコンセプトイメージとして織り込んだファブリックアートを手がけたのは松本尚さん。布や紙といった温かみのある素材を用いたインスタレーションが高く評価されているアーティストで、11号車では、光の移り変わりがもたらす布の表情の変化を鑑賞できる。

 12号車は、鏡のマジックで構成された空間だ。片側が窓、片側が鏡面ステンレスになっていて、青空や緑したたる山々、黄金色に輝く稲穂、一面の銀世界といった四季折々の新潟の風景が、鏡の世界に映し出される。進行方向の越後湯沢方面に向かって車両中央に立ち、車窓を飛び去る景色とそれを反転した鏡をいちどきに見ていると、まるで鏡の迷路に迷い込んでしまったかのようで、ちょっと心もとなくなった。アーティストは小牟田悠介さん。

続きを読む

このニュースの写真

  • GENBI SHINKANSEN/現美新幹線(3)布に鏡、アニメまで。アーティストの個性が光る各車両
  • GENBI SHINKANSEN/現美新幹線(3)布に鏡、アニメまで。アーティストの個性が光る各車両
  • GENBI SHINKANSEN/現美新幹線(3)布に鏡、アニメまで。アーティストの個性が光る各車両
  • GENBI SHINKANSEN/現美新幹線(3)布に鏡、アニメまで。アーティストの個性が光る各車両
  • GENBI SHINKANSEN/現美新幹線(3)布に鏡、アニメまで。アーティストの個性が光る各車両
  • GENBI SHINKANSEN/現美新幹線(3)布に鏡、アニメまで。アーティストの個性が光る各車両

「ニュース」のランキング