産経ニュース

【政界徒然草】女の子をバカにしている! 自民党の若者向けパンフが炎上 それでも「話題になることはいいこと」と強がるが…

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【政界徒然草】
女の子をバカにしている! 自民党の若者向けパンフが炎上 それでも「話題になることはいいこと」と強がるが…

参院選を前に若者向けのパンフレット「国に届け」とポスターを発表する自民党の木村太郎広報本部長(左)ら=5月17日、国会内 参院選を前に若者向けのパンフレット「国に届け」とポスターを発表する自民党の木村太郎広報本部長(左)ら=5月17日、国会内

 自民党が作成した若者向けパンフレットが批判にさらされている。今回の参院選(7月10日投開票)は選挙権年齢が「18歳以上」に引き下げられる初の国政選挙とあって、若年層に投票を呼びかけるために作ったものだが、掲載した漫画が逆に「女の子をバカにしている」などの集中砲火を浴びることに…。図らずも〝炎上商法〟に成功した格好となり、党幹部も強気だ。果たして自民党の得票に吉と出るか、凶と出るか-。

 パンフレットは党広報本部が約6万部作成し、5月から党所属議員や候補者を通じて配布。(1)7月の参院選で新たに選挙権を得る高校生たちを描いた漫画(2)「18歳選挙権」に関するQ&Aや戦後の主な出来事などをまとめた情報欄(3)小泉進次郎農林部会長ら若手国会議員と17~20歳の学生らの座談会-の3部構成になっている。

 やり玉に挙がったのは、メインコンテンツの漫画「軽いノリじゃダメですか?」。主人公は高校3年の女子生徒の安田アスカ。同じクラスの男子生徒で、生徒会長の浅倉に思いを寄せている。アスカはもともと政治に関心がなかったが、浅倉が参院選について友達と話しているのを耳にし、「浅倉くんに近づくチャンス!?」と選挙の仕組みや各候補者の主張を学んでいく-というストーリーだ。

続きを読む

「ニュース」のランキング