産経ニュース

【検証・文革半世紀 第2部(6)】工場労働者や農民が一夜にして国家指導者に栄転 脚光浴びるも投獄、故郷に戻れない悲劇も…

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【検証・文革半世紀 第2部(6)】
工場労働者や農民が一夜にして国家指導者に栄転 脚光浴びるも投獄、故郷に戻れない悲劇も…

 中国の文化大革命(文革)では、多くの中国共産党や政府の幹部が失脚した。それに伴い副首相や閣僚などの重要ポストが空席となり、最高指導者の毛沢東が「人民の模範」と称賛した工場労働者や農民が次々と起用された。一夜にして庶民から国を率いる立場になった者も少なくない。

 陝西省の機械工場の工員、姚連蔚(ようれんい)は熱心に毛沢東思想を学んだとして、文革中の1969年に党中央委員候補に選ばれた。その5年後には、41歳の若さで全国人民代表大会の常務委員会副委員長(国会副議長に相当)に起用された。「出身地、職業、性別、年齢などのバランスを考慮すれば、最もふさわしい」と理由を説明されたという。

 重要会議があれば基調講演を行い、海外の要人が訪中すれば会談しなくてはならない。「中卒の私はこれまで、国や世界のことを考えたことがなかった。自分の発言や判断が歴史の教科書に記録されるかもしれないと考えると、毎日、針のむしろに座る思いだった」。姚は後に、当時の心境を振り返った。

 姚と同じ時期に抜擢された庶民の代表は他にもいた。遼寧省の商店で野菜を売っていた李素文は42歳で全人代副委員長に就任。陝西省の紡績工場で働いていた女性の呉桂賢は37歳で副首相になった。中でも最も知名度が高いのは、60歳で副首相となった農民代表の陳永貴だ。

続きを読む

関連ニュース

【検証・文革半世紀 第2部 まとめ読み】暴力信仰、数え切れない冤罪…文革に鋭く切り込んだ好評企画5本をお届けします

「ニュース」のランキング