産経ニュース

【検証・文革半世紀 第2部(4)】数多くの冤罪に怒り 死刑牢から生還した男「死んだ仲間を後世に伝えるのが私の使命」

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【検証・文革半世紀 第2部(4)】
数多くの冤罪に怒り 死刑牢から生還した男「死んだ仲間を後世に伝えるのが私の使命」

文革中に処刑された有名な死刑囚 文革中に処刑された有名な死刑囚

 文化大革命(文革)始動後の1968年夏。北京にある名門、中央美術学院の大学生だった張郎郎が逮捕され、「死刑牢」に入れられた。当時の中国の裁判は一審制で、死刑牢に入ることは死刑確定とほぼ同意義だった。

 毛沢東夫人、江青を批判したことを意味する「党中央指導者に悪辣(あくらつ)な攻撃を加えた」罪などに問われたが、納得しなかった。「江には毛沢東との結婚前、別の恋人がいた」などと、両親から聞いた話を仲間にしただけだった。

 張の父親は中国共産党の古参幹部、張●(=にんべんに丁)。有名な芸術家でもあり、中華人民共和国の国章の設計者として名高い。母親は首相、周恩来の秘書だった。文革により特権階級から地獄に突き落とされたのだ。

 「今にして思えば、党中央の権力闘争に巻き込まれていた。江青らが父に近い老幹部たちを失脚に追い込もうとしていた」

 70年5月、張は死刑牢から出された。彼の母親を知る周恩来が「生き証人を残せ」と指示したのが理由のようだ。さらに刑務所で7年以上を過ごし、文革終了後の77年に出獄した。張は70歳を超えた今も健在だ。

   ■    ■

 「お前は国を裏切った」 取り調べで張を怒鳴った担当警察官は、高級幹部の子弟である「太子党」の仲間で幼なじみの兪強声だった。元第1工業相、兪啓威を父親に持ち、国家安全省の局長級幹部まで出世したが、86年に多くの国家秘密を携えて米国に亡命。本当の意味で国を裏切ったのは彼の方だった。強声の弟、兪正声は現在、共産党最高指導部で序列4位の全国政治協商会議主席を務める。

続きを読む

関連ニュース

【文革半世紀 第2部(3)】追放された産経の柴田記者「これは権力闘争だ」 中国の実態を壁新聞から看破  一党独裁のいまも同じことが起きる

「ニュース」のランキング