産経ニュース

【野口裕之の軍事情勢】中国・王毅外相がカナダ女性記者に放った「傲慢」発言に世界が戦慄した 次に警戒すべきは南シナ海「観光」開発だ!

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【野口裕之の軍事情勢】
中国・王毅外相がカナダ女性記者に放った「傲慢」発言に世界が戦慄した 次に警戒すべきは南シナ海「観光」開発だ!

西沙(英語名パラセル)諸島の位置 西沙(英語名パラセル)諸島の位置

 政治資金の公私混同疑惑の渦中にあって、言い逃れを繰り返した東京都知事・舛添要一氏(67)の釈明会見で、記者が皮肉を効かせた質問を浴びせた。

 「厳しい批判と追及が続いているが、知事の『強靱なメンタル』はどこから来ているのか」

 舛添氏はあきれるほど厚顔だが、記者のツッコミに「こういう場ではちょっとお答えすべきことではないかと思います」と、さすがに答えに窮したし、辞意表明してもいる。

 その点、舛添氏が政治資金でシルクの中国服を購入したお国の公人が世界中でまき散らす傲岸不遜は、はるか上をいく。今月1日にもカナダでまき散らした。

舛添氏のはるか上をいく中国外相のゴーマン度

 カナダ訪問中だった中国の王毅外相(62)は中加外相による共同会見の席上、地元メディアの女性記者が、中国内の苛烈な人権問題をただすと…

 「あなたの質問は中国に対する偏見に満ちており『傲慢』だ。まったく受け入れられない」

 「中国の人権状況を最もよく理解しているのは中国人だ。あなたは中国に来たことがあるのか」

 女性記者に向かい、ペンを横に振る迫真の演技?を交え、怒鳴りつけるかのように、説教を続けること2分以上。どちらが『傲慢』かは明らかだし、想定内の強弁で、中国の正体を知る読者の皆様も驚きはしないでしょう。

 が、女性記者の質問がカナダ外相に向けられたもの、と知ったら? 

 王外相は横から口を挟んで、あろうことか「代弁」したのである。当然、カナダ外相の考えを「代弁」したのではない。王外相の無礼千万な振る舞いのエネルギー源は、舛添氏のような『強靱なメンタル』故ではなく、中国共産党指導部の顔色だけをうかがう『臆病なメンタル』の発露。共産党指導部の「代弁」だった。

続きを読む

「ニュース」のランキング