産経ニュース

【公園に保育園】解消の“切り札”のはずが…続々「反対」 「来年4月には待機児童ゼロ」宣言した杉並区の対策は「快挙」か「拙速」か

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【公園に保育園】
解消の“切り札”のはずが…続々「反対」 「来年4月には待機児童ゼロ」宣言した杉並区の対策は「快挙」か「拙速」か

保育園になる予定の井草地域区民センターの中庭。サッカーに興じる子供たちの姿があった=東京都杉並区下井草(三枝玄太郎撮影) 保育園になる予定の井草地域区民センターの中庭。サッカーに興じる子供たちの姿があった=東京都杉並区下井草(三枝玄太郎撮影)

 東京都杉並区が来年4月に待機児童をゼロにすることを目指し、区内の公園や区民センター中庭、資材等置き場、職員住宅の寮など11カ所を認可保育園として整備する計画を発表したところ、反対の声が次々に上がっている。保育園の待機児童解消の切り札とも目された「公園」に、住民からなぜ反対の声が上がったのか。住民説明会に出席し、行政、住民の双方から話を聞いた。(三枝玄太郎)

 5月22日、杉並区下井草の井草地域区民センターには日が暮れるに従って、次々と住民が建物に入っていった。午後4時半に始まった説明会は同7時ごろには80人ほどが集まり、時折、怒声が飛ぶ激しいものとなった。

すぎなみ保育緊急事態宣言

 杉並区は3月、自転車集積所、区民会館など4カ所を認可保育所などに種別を変更し、当初整備計画(759人)に加え、320人をプラスした定員を確保、1100人規模の整備を実施すると発表。4月には、田中良杉並区長が「すぎなみ保育緊急事態宣言」を発し、28年4月時点で136人の杉並区内の待機児童を来年4月にはゼロにすると宣言した。

 ただ、緊急事態宣言後は、第2弾として区内の公園など11カ所を認可保育所や定期利用保育施設に変更することで、795人を確保。事業者からの開設提案も合わせて合計で1100人、第1弾と合わせて2000人を超える規模の施設整備を行うとした。

このニュースの写真

  • 解消の“切り札”のはずが…続々「反対」 「来年4月には待機児童ゼロ」宣言した杉並区の対策は「快挙」か「拙速」か
  • 解消の“切り札”のはずが…続々「反対」 「来年4月には待機児童ゼロ」宣言した杉並区の対策は「快挙」か「拙速」か
  • 解消の“切り札”のはずが…続々「反対」 「来年4月には待機児童ゼロ」宣言した杉並区の対策は「快挙」か「拙速」か
  • 解消の“切り札”のはずが…続々「反対」 「来年4月には待機児童ゼロ」宣言した杉並区の対策は「快挙」か「拙速」か
  • 解消の“切り札”のはずが…続々「反対」 「来年4月には待機児童ゼロ」宣言した杉並区の対策は「快挙」か「拙速」か
  • 解消の“切り札”のはずが…続々「反対」 「来年4月には待機児童ゼロ」宣言した杉並区の対策は「快挙」か「拙速」か

「ニュース」のランキング