産経ニュース

【江藤詩文の世界鉄道旅】タリス(3)ベルギーとフランスは同じ!? 国境を越えて走る紅の特急列車

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【江藤詩文の世界鉄道旅】
タリス(3)ベルギーとフランスは同じ!? 国境を越えて走る紅の特急列車

ウェルカムバーの内装といい、とにかくデザインがお洒落なタリス ウェルカムバーの内装といい、とにかくデザインがお洒落なタリス

 紙コップ入りのホットチョコレートを注文したら、付け合わせがごっそり付いて来た。内訳は砂糖が2本にミルクが3個、スティックチョコレートが1本。絶対に砂糖入りに決まっているのに、なぜさらに砂糖をくれるのだろう。念のために味見するとやっぱり甘い。

 ここは“ルージュトレイン”の愛称で親しまれている特急列車「タリス」の食堂車。「ウェルカムバー」なんて可愛い名前がついている。外国で食堂車に乗るのは、私の数少ない趣味のひとつ。しつこく繰り返すが“二等車の通路側”という鉄道愛好家にあるまじき座席では手持ち無沙汰になり、そそくさと食堂車へ繰り出した。

 実は私は心に決めていた。しつこく繰り返すが“一等車には付いてくる朝食”を車内で食べようと。

 渡されたA4ペラ1枚のメニューをためつすがめつすると、ハムとチーズのサンドイッチやクロックムッシュ、今月のクラフトビールなんてのもあって目を奪われる。が、よく読み込むと落とし穴があって、これらのすべての注文は午前10時からになっている。

 このあたりでかなり気落ちしたが、セットで注文すると1ユーロお得な朝食セット7ユーロなりを注文してみた。すると「食べ終わる前に到着してしまいますよ」。……という経緯で、スーパーマーケットで買った6個とか8個とかのバリューパックが山ほどスーツケースに詰まっているというのに、「ベルギーらしいもの」と、それとまったく同じワッフルと冒頭のホットチョコレートに落ち着いたわけだ。

このニュースの写真

  • タリス(3)ベルギーとフランスは同じ!? 国境を越えて走る紅の特急列車
  • タリス(3)ベルギーとフランスは同じ!? 国境を越えて走る紅の特急列車
  • タリス(3)ベルギーとフランスは同じ!? 国境を越えて走る紅の特急列車
  • タリス(3)ベルギーとフランスは同じ!? 国境を越えて走る紅の特急列車

「ニュース」のランキング