産経ニュース

【ビジネス解読】ジュリア・ロバーツも裸足で抗議 ハイヒール強制は女性差別だ! 英国で受付嬢が決起すると共感の輪が世界に 

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【ビジネス解読】
ジュリア・ロバーツも裸足で抗議 ハイヒール強制は女性差別だ! 英国で受付嬢が決起すると共感の輪が世界に 

 「女性にハイヒールを履くよう強制するのは性差別だ!」-。ロンドンの大手会計事務所に受付係として派遣され、ハイヒールの着用を拒否したところ帰宅を命じられた女性が“決起”し、世界に共感が広がっている。職場でハイヒールを強制するドレスコード(服装規定)の禁止を求める署名を呼びかけ、2日間で約11万人が賛同。派遣会社側は規定の見直しを余儀なくされた。これに呼応するかのように、米女優のジュリア・ロバーツさんも、ドレスコードが物議を醸したカンヌ国際映画祭に「裸足」で登場。世界の女性にハイヒールを脱ぎ捨てようと訴えた。

                 ◇

 世界から一躍脚光を浴びたのは、27歳のニコラ・ソープさん。英BBC放送(電子版)などによると、企業の受け付け業務などを請け負うポーティコ社に採用されたソープさんは昨年12月、派遣先の大手会計事務所、PwC(プライスウォーターハウスクーパース)に、かかとが平らな靴を履いて出社したところ、現場責任者にハイヒールに履き替えるよう指示された。「持っていない」と答えると、買いに行くようにと言われ、拒否すると、そのまま帰宅を命じられた。日給は支払われなかったという。

続きを読む

このニュースの写真

  • ジュリア・ロバーツも裸足で抗議 ハイヒール強制は女性差別だ! 英国で受付嬢が決起すると共感の輪が世界に 

「ニュース」のランキング