産経ニュース

【検証・文革半世紀(6)】拡大する「十字架外し」 党員数越える信者に危機感

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【検証・文革半世紀(6)】
拡大する「十字架外し」 党員数越える信者に危機感

 中国共産党機関紙の人民日報は1966年6月1日、1面トップで掲載した「牛鬼蛇神を一掃せよ」と題する社説で呼びかけた。

 「数千年来、支配階級の手先として人民を毒してきた古い思想、文化、風俗習慣をすべて破壊せよ」

 仏教の用語である「牛鬼蛇神」は、牛の頭の化けものや蛇身の魔物などを意味するが、この場合、各種の宗教の信仰対象である神仏や古い価値観を守ろうとする人々を指す。文化大革命(文革)の開始直後に掲載された社説は、紅衛兵に「宗教や古い文化を代表するすべてのものをたたき壊せ」という号令となった。

 それからおよそ50年が経過した現代の中国で、浙江省を中心に、キリスト教の教会の十字架が「違法建築」の名目で当局に外される問題が相次いでいる。

 その数は2千件以上ともいわれ、非公認のいわゆる「地下教会」に加え、当局に認められている教会も含まれる。信者と当局者が衝突する場面も多くみられるようになった。

 「消えた十字架」という言葉をよく聞くようになったのも、半世紀ぶりのことだ。

続きを読む

「ニュース」のランキング