産経ニュース

【検証・文革半世紀(1)】「黒い懐刀」の異名持つ男の復帰が示す習近平政権の未来…「恥を捨てねば生き残れなかった」嵐は再来するか

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【検証・文革半世紀(1)】
「黒い懐刀」の異名持つ男の復帰が示す習近平政権の未来…「恥を捨てねば生き残れなかった」嵐は再来するか

 4月24日、上海市中心部で盛大な葬儀が営まれた。400人が参列し、祭壇を無数の白い花が囲んだ。生前、多くの権力者を追い落として「黒打手」(黒い懐刀)の異名を取った男は、30年近く世間と関係を断った後、再び表舞台に現れたばかりだった。男の名は戚本禹(せき・ほんう)(84)。毛沢東の秘書を務め、35歳で中国共産党の要職に抜擢(ばってき)された戚は、文化大革命(文革)の推進者だった。

 劉少奇(※1)の批判論文を党機関誌に発表し、失脚に追い込む急先鋒(せんぽう)となった。党最高幹部が居住・執務する中南海に紅衛兵(※2)を入れ、指導者だったトウ小平らをつるし上げた。

 1983年、戚は文革の責任を問われて懲役18年の判決を受け、共産党の党籍も剥奪された。出所後、上海市内で偽名を使いひっそりと暮らしていたが、「時代」が彼を呼び戻す。

 講演や執筆を通じて文革の正当性を主張する一方、戚を断罪したトウ小平が主導する改革開放路線(※3)を、「革命を裏切った修正主義」と痛烈に批判した。

続きを読む

このニュースの写真

  • 「黒い懐刀」の異名持つ男の復帰が示す習近平政権の未来…「恥を捨てねば生き残れなかった」嵐は再来するか
  • 「黒い懐刀」の異名持つ男の復帰が示す習近平政権の未来…「恥を捨てねば生き残れなかった」嵐は再来するか

関連ニュース

【検証・文革半世紀(2)】“サクラ”動員して主席の逸話づくり 「習氏の自信のなさ」から個人崇拝に傾く 文化・芸術への政治介入進む

「ニュース」のランキング