産経ニュース

【朝鮮学校会見詳報(1)】「補助金減額は制裁であり差別だ!」「政府がヘイトスピーチを煽ってる」「ミサイルじゃなくて人工衛星だ」

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【朝鮮学校会見詳報(1)】
「補助金減額は制裁であり差別だ!」「政府がヘイトスピーチを煽ってる」「ミサイルじゃなくて人工衛星だ」

朝鮮学校への自治体補助金について、適正な支出を求めた文部科学大臣通知に対し、撤回を求めて会見する朝鮮学校関係者=文科省内 朝鮮学校への自治体補助金について、適正な支出を求めた文部科学大臣通知に対し、撤回を求めて会見する朝鮮学校関係者=文科省内

 朝鮮学校の生徒や代表者らが3月30日、東京・霞が関の文部科学省で記者会見を開いた。テーマは前日の29日付で馳浩文科相が各自治体に出した補助金の適正支出を求める通知だ。

 朝鮮学校への補助金をめぐっては、平成22年ごろの高校無償化の議論のなかで、北朝鮮の独裁者をたたえる教育内容や朝鮮総連の影響下にある学校運営が明らかになり、東京都や大阪府など支出を取りやめる自治体が相次いでいる。馳文科相は通知について「権限は自治体にあり減額や自粛、停止を指示する内容ではない」と説明したが、朝鮮学校側は「学校を潰しにかかっている」と即座に反発した。

 愼吉雄・全国朝鮮高級学校校長会会長や生徒、保護者の代表が出席した記者会見で、彼らが行った主張はどんなものだったのか-。

 会見の主な発言は次の通り。

 東京朝鮮中高級学校オモニ会会長「パートをしながら子供たちを朝鮮学校に通わせている母親です。私たち在日朝鮮人は歴史的背景の中で今日、日本に暮らしていますが、朝鮮人としての自覚と民族の誇りを受け継ぎ、堂々と生きてきました。それは私たちの祖父母がどこにいようが朝鮮人として立派に生きろと、この地に朝鮮学校を建て、民族の文化や言葉を学ばせてくれたおかげです。私たちは今、わが子を持ち、この子供たちにも民族の血をひく朝鮮人として立派に育てたい、その一心で代を継ぎ、朝鮮学校で学ばせています」

「ニュース」のランキング