産経ニュース

【安倍政権考】保育士の給与増はたかが6000円されど6000円…「保育園落ちた」ブログ受け民主党政権も先送りにした難題に挑む

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【安倍政権考】
保育士の給与増はたかが6000円されど6000円…「保育園落ちた」ブログ受け民主党政権も先送りにした難題に挑む

1億総活躍国民会議であいさつする安倍晋三首相=4月26日、首相官邸(斎藤良雄撮影) 1億総活躍国民会議であいさつする安倍晋三首相=4月26日、首相官邸(斎藤良雄撮影)

 「保育士の処遇改善については、新たに2%相当の処遇改善を行うとともに、キャリアアップの仕組みを構築し、保育士として技能・経験を積んだ職員について、競合他産業との賃金差がなくなるよう処遇改善を行います」

 安倍晋三首相は4月26日、官邸で開かれた1億総活躍国民会議でこう述べ、平成29年度から保育士の給与増を実行すると表明した。「保育園落ちた日本死ね!!!」の匿名ブログに端を発した待機児童問題で一番の懸案となっていた保育士の処遇改善に関し、これまで安倍首相は国会答弁などで「具体的で実効性のある待遇の改善策を示す」と繰り返してきたが、給与増の数字まで明言するのは初めてだった。

 保育士給与の2%増は平均月額に換算すると約6000円のアップ。さらに、一定の技能や経験を積んだ保育士には最大で月4万円程度を上乗せする。政府の昨年の調査によると、女性保育士の平均賃金は月26万8000円で、全産業の女性労働者の平均賃金より約4万3000円低いとの結果が出ており、この賃金差がなくなるよう手当てするという考えだ。

 これに伴い、29年度予算では、保育士給与全体の2%増に約500億円、経験のある保育士への重点配分にも同程度の財源を確保。安倍首相が合わせて表明した介護職員の給与増(月1万円程度)にも約1000億円を計上する。

「ニュース」のランキング