産経ニュース

【トレンド日本】最先端の写真加工技術でまるで別人! 目の大きさや肌の色も…でも「盛りすぎ」にご用心

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【トレンド日本】
最先端の写真加工技術でまるで別人! 目の大きさや肌の色も…でも「盛りすぎ」にご用心

写真シール作製機の加工前(左)と加工後では、目の大きさや肌の色、顔の輪郭まで違う=フリュー提供 写真シール作製機の加工前(左)と加工後では、目の大きさや肌の色、顔の輪郭まで違う=フリュー提供

 かわいいと思っていたけれど、会ってみたらがっかり…。写真で見るのと、実際に会うのとは、まったく別人に見える女性がいたら、「盛って」いるのかもしれない。若い女性たちの間では、化粧や写真加工技術によって、外見を本来より良く変化させることは「盛る」と呼ばれている。SNSが発達し、手軽に写真が共有できる時代。「かわいく見せたい」という欲望とともに、化粧や写真加工技術が進化してきている。(油原聡子)

 「盛るのは自己満足」。でも、褒められたい?

 平日夕方、東京・池袋のゲームセンターの写真シール作製機のコーナーは、女子高校生や若い女性であふれていた。

 シール機は、自分の顔や姿を撮影して、シールにできる機械。最近では、画像をデジタルデータにして携帯電話などに送ることもできる。画像加工技術も進化し、美肌や小顔、目を大きく見せる機能などを備える。

 都内の高校2年生、佐藤夏希さん(16)=仮名=は「化粧してなくても盛れるのがいい。写真加工アプリよりも簡単にできる」と話す。

 佐藤さんは、撮影した画像は、ツイッターやインスタグラムに投稿する。写真加工アプリを使い、スマートフォンで撮影した画像を加工することもある。「盛るのは自己満足。別人になりたいわけじゃなくて、ちょっとかわいくなるのが良い。でも、SNSに上げると反応があって、嬉しい」と話す。

 自分と思える範囲で

 若い女性が使う「盛る」という言葉。自分と思える範囲内で一番かわいい顔になっている状態は、「盛れている」と呼ばれる。

 手軽に盛れる手段として人気なのが、シール機だ。初心者でも加工が簡単にできるからだ。

このニュースの写真

  • 最先端の写真加工技術でまるで別人! 目の大きさや肌の色も…でも「盛りすぎ」にご用心

「ニュース」のランキング