産経ニュース

【食の安全考】豚の生食禁止してもコッソリ?…E型肝炎患者が2倍強に 注目ジビエの生食も一因か

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【食の安全考】
豚の生食禁止してもコッソリ?…E型肝炎患者が2倍強に 注目ジビエの生食も一因か

 患者が最多の北海道は、これまでにも加熱不十分な豚レバーを食べて感染した事例が複数報告されている。今年、発症した患者について道食品衛生課は「すべての患者に聞き取り調査を行い、原因を究明中」としている。

ジビエも生食NG

 焼き肉店の食中毒を契機に牛レバ刺しの飲食店での提供を禁止した平成24年以降、牛の代わりに豚の生レバーなどを提供する飲食店が増え、それに比例するようにE型肝炎の感染が拡大。これを受け、厚生労働省は昨年6月、豚の生レバーや生肉についても飲食店での提供を禁じた食品衛生法の規格基準を施行した。患者の減少が期待されたが、6月以降も患者は増え続け、昨年の患者数は過去最高の212人に上った。

 東京都感染症情報センターによると、今年の患者の中に豚レバーの生食が疑われる事例があったという。都内の保健所の担当者は「加熱用といいながら、生レバーを提供する店がある。また、客の中にも、焼かずにこっそり生で食べる人もいる」と明かす。禁止以降も生食する人は絶えないようだ。

新たなグルメとして注目の「ジビエ」だが

このニュースの写真

  • 豚の生食禁止してもコッソリ?…E型肝炎患者が2倍強に 注目ジビエの生食も一因か

「ニュース」のランキング