産経ニュース

【食の安全考】豚の生食禁止してもコッソリ?…E型肝炎患者が2倍強に 注目ジビエの生食も一因か

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【食の安全考】
豚の生食禁止してもコッソリ?…E型肝炎患者が2倍強に 注目ジビエの生食も一因か

 豚の肉や内臓を生で食べると感染することがあるE型肝炎の患者が、過去最高だった昨年を上回るペースで増えている。感染拡大を防ごうと、豚の生レバーや生肉の提供が昨年6月、食品衛生法で禁止されたが、歯止めがかからない実態が浮かんだ。専門家は、食肉の十分な加熱に加え、ジビエ(野生鳥獣)ブームで人気のイノシシやシカの肉なども生で食べないよう呼びかけている。(平沢裕子)

長い潜伏期間

 国立感染症研究所によると、今年1月から4月10日までのE型肝炎患者数は116人で、前年同期の2・2倍に上る。都道府県別でみると、最も多いのが北海道で31人、次いで東京都16人▽神奈川県9人▽埼玉県8人▽千葉県6人-と、主に北海道と首都圏に集中している。

 豚の肉や内臓は、E型肝炎ウイルス(HEV)に汚染されていることがある。主に経口感染し、症状が出るまでの潜伏期間が14~50日と長いため、原因となる食品が特定されにくいが、これまでの研究では多くが豚やイノシシなどの肉・レバーを生や生焼けで食べたことが原因とみられる。

このニュースの写真

  • 豚の生食禁止してもコッソリ?…E型肝炎患者が2倍強に 注目ジビエの生食も一因か

「ニュース」のランキング