産経ニュース

【野口裕之の軍事情勢】トランプ氏よりも核ボタンを持たせてならぬのが旧民主党政権の“病原菌”首相2人だった…岡田代表はどうか?

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【野口裕之の軍事情勢】
トランプ氏よりも核ボタンを持たせてならぬのが旧民主党政権の“病原菌”首相2人だった…岡田代表はどうか?

自衛隊高級幹部会同の懇親会に臨む鳩山由紀夫首相 =2010年1月13日、首相官邸 (酒巻俊介撮影) 自衛隊高級幹部会同の懇親会に臨む鳩山由紀夫首相 =2010年1月13日、首相官邸 (酒巻俊介撮影)

 永田町で今、米大統領選挙の共和党候補指名争いで先行するドナルド・トランプ氏(69)に対し「核のボタンを持たせてよいのか?」と、一連の言動を危惧する声を頻繁に聞く。米大統領は米軍最高司令官であり、核攻撃の最終決断をする。米大統領の指導力は、地球の安全保障に直結するので、外国の選挙で片付けるわけにはいかないのだ。しかし、足もとを見れば、核こそ保有せぬものの、わが国の歴代首相にも自衛隊最高司令官としての適性ゼロの「最低司令官」が存在した。トランプ氏と同い年の鳩山由紀夫氏と菅直人氏である。鳩山・菅両民主党(現・民進党)政権において、自衛隊員はじめ国民の不安感は凄まじかった。「ドイツ軍の頭脳」と畏敬された名将は、指揮官と部下の関係を(1)有能な怠け者(2)有能な働き者(3)無能な怠け者(4)無能な働き者-の4類型に分けた。最悪は(4)で、働き者とはいえ無能で、間違いに気づかないまま進んで実行し、更なる間違いを犯す。名将は、この種の手合いを「処刑するしかない」と切って捨てている。

 首相在任中も退任後も「無能な働き者」路線をまっしぐらにひた走った鳩山・菅両氏は“(4)型病原菌”の超危険な保菌者だった。では、民主党→民進党の岡田克也代表(62)が首相になったとして、その指揮・統率力はいかほどか? 残念ながらお釈迦様の諭すところの「愚か者」に当たる。順を追って説明したい。

このニュースの写真

  • トランプ氏よりも核ボタンを持たせてならぬのが旧民主党政権の“病原菌”首相2人だった…岡田代表はどうか?
  • トランプ氏よりも核ボタンを持たせてならぬのが旧民主党政権の“病原菌”首相2人だった…岡田代表はどうか?
  • トランプ氏よりも核ボタンを持たせてならぬのが旧民主党政権の“病原菌”首相2人だった…岡田代表はどうか?

「ニュース」のランキング