産経ニュース

【スクリーン雑記帖】今の日本映画にもの申す…「レベルが本当に低い!」 英映画配給会社代表が苦言

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【スクリーン雑記帖】
今の日本映画にもの申す…「レベルが本当に低い!」 英映画配給会社代表が苦言

「日本映画が嫌いになってきた」と熱弁するアダム・トレル氏=東京・渋谷(伊藤徳裕撮影) 「日本映画が嫌いになってきた」と熱弁するアダム・トレル氏=東京・渋谷(伊藤徳裕撮影)

 英国の映画製作・配給会社「サードウィンドウフィルムズ」代表、アダム・トレル氏(33)と先日話す機会があった。アダム氏は日本をはじめアジア映画を海外に紹介しており、現在公開中の日本映画「下衆(げす)の愛」(内田英治監督)のプロデューサーも務めている。

 「日本映画のレベルは本当に低い。最近すごく嫌いになってきたよ!」

 アダム氏は憤っていた。断っておくが、アダム氏は日本映画をこよなく愛している。だからこその“苦言”なのだろう。

 「アジア映画の中で韓国や中国とかが頑張っている。それに比べて日本はレベルがどんどん下がっている。以前はアジアの中で日本の評価が一番高かったけど、今では韓国、中国、台湾やタイなどにお株を奪われている。ちょっとやばいよ」

 「下衆の愛」を手がけたのも「好きな日本映画があまりなくて海外配給が大変になってきた。それじゃ自分がプロデューサーになろうと思った」という動機からだ。

続きを読む

「ニュース」のランキング