産経ニュース

【ビジネス解読】上海ディズニーはホントに大丈夫なのか? 早くも偽物グッズ、偽ホテルが続々 マナーの悪さも相変わらず…

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【ビジネス解読】
上海ディズニーはホントに大丈夫なのか? 早くも偽物グッズ、偽ホテルが続々 マナーの悪さも相変わらず…

 6月16日に開園を予定している上海ディズニーリゾートのチケット価格がこのほど発表され、中国国内では本土初のディズニーリゾートへの「興奮」が高まっている。だが、中国メディアによると、同国お得意の偽物商品の懸念が浮上。すでに偽物チケット、偽物ホテルなどが横行し、取り締まりを強化する当局といたちごっこも始まっているという。国の威信をかけた上海ディズニーはスムーズに開園できるのだろうか。

                 ◇

 上海ディズニーは投資総額が55億ドル(1ドル=113円で約6215億円)。「パイレーツ・オブ・カリビアン」をモチーフにしたエリアをはじめ6つのエリアで構成されている。「魔法がかかった童話のお城」には祥雲、ボタン、レンゲなど中国的な造形が施され、中国の伝統様式を取り入れた中国レストランが入るなど、「中国テイスト」をふんだんに盛り込むのが特徴だという。

 先日発表されたチケット価格は、1日券が大人で平日370元(1元=17.5円で約6475円)、週末や夏季などのピーク時になると499元(約8733円)となる。ちなみに、東京ディズニーリゾートが現在6900円(4月からは7400円)、ディズニーリゾートでは最も古い米カリフォルニアのディズニーランド・リゾートは99ドル(1万1187円)だ。

続きを読む

「ニュース」のランキング