産経ニュース

【久保田るり子の朝鮮半島ウオッチ】外貨獲得の司令塔「朝鮮労働党39号室」に照準は絞られた! 国連制裁は金正恩体制を締め上げられるのか

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【久保田るり子の朝鮮半島ウオッチ】
外貨獲得の司令塔「朝鮮労働党39号室」に照準は絞られた! 国連制裁は金正恩体制を締め上げられるのか

 5回目の国連安保理制裁は本当に北朝鮮の金正恩体制を締め上げるのか? 過去4度の制裁は事実上、お題目に終わっていただけにその実効性に関心が高まる。今回の特徴は、国連プラス各国の独自制裁で相乗効果を狙い、履行状況のチェックも強化されたことだ。だが、「抜け穴はいくらでも作れる」(北朝鮮関係者)と早くもイタチごっこが懸念されている。また金正恩氏の猛反発は必至で、5回目の核実験強行の可能性も取りざたされている。(久保田るり子)

「39号室」を締め上げろ!

 制裁は、金正恩氏の統治資金そのものに照準が絞られている。具体的には金正恩体制の外貨稼ぎの総元締め「朝鮮労働党39号室」である。

 39号室は、北朝鮮の鉄鉱石や金など鉱山をはじめ、100社以上の貿易会社や銀行など、資源や機関を網羅して傘下に収める金正恩統治の資金集めの司令塔だ。鉱物資源の輸出禁止、貨物検査、金融制裁など制裁のいずれもが39号室に関わる内容だ。

 39号室は海外にも拠点を持っている。合法的な貿易のほか麻薬や密輸、武器輸出など非合法活動も行っているのだ。また今回、韓国が操業中断した開城工業団地の労働者賃金(年間約1億ドル)も39号室が資金管理してきた。

続きを読む

関連ニュース

【久保田るり子の朝鮮半島ウオッチ】北朝鮮の危険度ナンバーワン、金英哲という人物 その強硬路線に韓国の警戒態勢はMAXレベルに

「ニュース」のランキング