産経ニュース

【防衛最前線(59)】陸自高機動車「疾風」は小型・軽量・機動力が強み 輸送防護車「ブッシュマスター」はさらに頑強だが…

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【防衛最前線(59)】
陸自高機動車「疾風」は小型・軽量・機動力が強み 輸送防護車「ブッシュマスター」はさらに頑強だが…

輸送防護車は戦車に次ぐ装甲を誇る(石鍋圭撮影) 輸送防護車は戦車に次ぐ装甲を誇る(石鍋圭撮影)

 自衛隊は2月19日までタイで行われた東南アジア最大級の多国間軍事演習「コブラ・ゴールド」に約300人の隊員を参加させ、在外邦人の輸送訓練を実施した。大地震で治安が極度に悪化した状況を想定し、危険な地域に取り残された日本人を安全な場所まで輸送する手順などを確認した。

 在外邦人の輸送手段として、海上自衛隊の護衛艦「まつゆき」や航空自衛隊のC130輸送機などに加え、陸上自衛隊の高機動車1両も現地に持ち込んだ。陸自の車両が海外で邦人輸送訓練を行うのは初めて。政府は平成25年1月に邦人10人が犠牲となったアルジェリア人質事件をきっかけに、自衛隊法を改正。航空機と船舶に限定されていた在外邦人の輸送手段に「車両」が追加されたことが背景にあった。

 訓練では日本人学校の中学生ら約80人が退避役を務め、基地近くの町を車で出発。高機動車に護衛されながら基地に到着し、手荷物検査を受けた後、C130輸送機で飛び立った。

 訓練に参加した高機動車は“疾風(はやて)”の愛称を持つ人員輸送車。トヨタ自動車が生産を担当しており、陸自の普通科部隊を中心に広く配備されている。乗員は10人で、最高速度は時速125キロ。邦人輸送や災害派遣時などで主力の輸送手段として位置づけられている。価格は1両あたり約700万円とされる。

 コブラ・ゴールドに参加した高機動車だが、陸自には、より邦人輸送に適した車両がある。“ブッシュマスター”の通称で知られる「輸送防護車」だ。昨年3月、中央即応連隊(宇都宮市)に4両が配備されている。

続きを読む

このニュースの写真

  • 陸自高機動車「疾風」は小型・軽量・機動力が強み 輸送防護車「ブッシュマスター」はさらに頑強だが…
  • 陸自高機動車「疾風」は小型・軽量・機動力が強み 輸送防護車「ブッシュマスター」はさらに頑強だが…
  • 陸自高機動車「疾風」は小型・軽量・機動力が強み 輸送防護車「ブッシュマスター」はさらに頑強だが…
  • 陸自高機動車「疾風」は小型・軽量・機動力が強み 輸送防護車「ブッシュマスター」はさらに頑強だが…
  • 陸自高機動車「疾風」は小型・軽量・機動力が強み 輸送防護車「ブッシュマスター」はさらに頑強だが…
  • 陸自高機動車「疾風」は小型・軽量・機動力が強み 輸送防護車「ブッシュマスター」はさらに頑強だが…

「ニュース」のランキング