産経ニュース

【成田闘争秘話】「空と大地の歴史館」はトリビアに満ちあふれていた 「流血の日々」コーナーには闘争ヘルメットや火炎瓶も…

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【成田闘争秘話】
「空と大地の歴史館」はトリビアに満ちあふれていた 「流血の日々」コーナーには闘争ヘルメットや火炎瓶も…

「流血の日々」と題されたコーナーには、反対同盟が使っていたヘルメットや火炎瓶などの実物が展示されている=千葉県芝山町の「成田空港 空と大地の歴史館」 「流血の日々」と題されたコーナーには、反対同盟が使っていたヘルメットや火炎瓶などの実物が展示されている=千葉県芝山町の「成田空港 空と大地の歴史館」

 成田空港の歴史といえば、反対闘争を抜きには語れない。成田市三里塚に建設が決まった昭和41年から開港の53年まで、約12年間に及んだ反対同盟と国・空港公団との戦いの日々を振り返ることができる「成田空港 空と大地の歴史館」を訪れた。

“生き証人”が案内

 成田空港の南東にある航空科学博物館(千葉県芝山町)の駐車場を奥に進むと、左手に平屋の建物が見えてくる。入り口の控えめな看板がなければ、ここが目当ての歴史館だとは気付かないシンプルな外観だ。

 「年間1万人は訪れますが、地元でもあまり知られていません。空港内にあれば、もっとたくさんの人に見てもらえるのですが…」。スタッフの松本吉弘さん(72)が館内を案内してくれた。

 松本さんは、昭和42年に新東京国際空港公団(現在の成田国際空港会社=NAA)に採用された一期生だ。歴史館では、松本さんを含めた同期5人が「公団サイドの生き証人」として案内役を務めている。

このニュースの写真

  • 「空と大地の歴史館」はトリビアに満ちあふれていた 「流血の日々」コーナーには闘争ヘルメットや火炎瓶も…
  • 「空と大地の歴史館」はトリビアに満ちあふれていた 「流血の日々」コーナーには闘争ヘルメットや火炎瓶も…
  • 「空と大地の歴史館」はトリビアに満ちあふれていた 「流血の日々」コーナーには闘争ヘルメットや火炎瓶も…
  • 「空と大地の歴史館」はトリビアに満ちあふれていた 「流血の日々」コーナーには闘争ヘルメットや火炎瓶も…
  • 「空と大地の歴史館」はトリビアに満ちあふれていた 「流血の日々」コーナーには闘争ヘルメットや火炎瓶も…

「ニュース」のランキング