産経ニュース

マドンナ、世界ツアーでお騒がせ連発!台湾で中華民国の国旗 「十字架ダンス」に大司教激怒

ニュース プレミアム

記事詳細

更新


マドンナ、世界ツアーでお騒がせ連発!台湾で中華民国の国旗 「十字架ダンス」に大司教激怒

マカオ公演でのマドンナさん。ステージでは十字架をモチーフにした棒が多数、使用された=20日(ロイター) マカオ公演でのマドンナさん。ステージでは十字架をモチーフにした棒が多数、使用された=20日(ロイター)

 最新アルバム「レベル・ハート」を引っさげ、世界ツアー中の米女性歌手、マドンナさん(57)が、4日から始まったアジア公演で「毎度お騒がせします」状態だ。開演の“2時間遅れ”を連発、さらに台湾公演では「中華民国」の「国旗」を身にまとい中国から非難の声が。28日開催予定のシンガポール公演は異例の「18禁」になったうえ、十字架を使ったポールダンスに大司教が不敬だと激怒する事態になっている。

 昨年3月発売の「レベル・ハート」はマドンナさんの約3年ぶり13作目のアルバムで、彼女は本作を引っさげた世界ツアー「レベル・ハート・ツアー」を昨年9月9日のカナダ・モントリオールからスタート。

 北米から欧州、そして年明けから南米と北米を回り、アジア・ツアーは2月4、6日の台北を皮切りにバンコク、13、14日の東京(さいたまスーパーアリーナ)、香港、マカオ、マニラを経て、最終日となる28日のシンガポールまで全13公演を予定している。

 ところが、6日付英紙インディペンデント(電子版)などによると、初の台北公演の初日のステージは何と2時間遅れの午後10時から開始。

「ニュース」のランキング