産経ニュース

【石原慎太郎 日本よ、ふたたび】尖閣をどうするのか 15億円近い浄財が歴代政府の無為のせいで棚晒しになっている

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【石原慎太郎 日本よ、ふたたび】
尖閣をどうするのか 15億円近い浄財が歴代政府の無為のせいで棚晒しになっている

 昨年末から年始にかけて沖縄に出掛けて行った。目的は以前中国が侵犯をしかけている尖閣諸島を守るために何とか財政再建を果たした東京都で島を買い取ろうと発議したら、利口なスタッフからそれなら国民に献金を呼び掛け不足の分は東京が負担することにしたら、という意見が出て早速行ったところあっという間に15億円近い浄財が集まった。その金が歴代政府の無為のせいで棚晒(ざら)しになっているのだ。その浄財の使い道について現地の海上保安庁第11管区との相談だった。

 あの献金に添えられた幾つかの手紙を思い出せば今でも胸が熱くなるものがある。東北のある、貧しい家庭からの手紙には『私たちはごく貧しい家の3人家族暮らしですが、1人1万円ずつの献金をしてお国のために役にたてればと願っています』ともあった。さらに同じ1人暮らしの貧しい老婆からの手紙には、『この献金の宛先はみずほ銀行と指定されていますが、私の村にはみずほ銀行はないのでわざわざバスに乗って1時間かけて近くの町まで出向いて献金しました。どうかどこにでもある郵便局に献金のための口座を開いてください』ともあった。それを読んで早速郵便局に口座を開くことにしたものだった。

関連ニュース

【石原慎太郎 日本よ、ふたたび】朴正煕大統領は実に傑出した人物であったが…

「ニュース」のランキング