産経ニュース

【舛添知事定例会見録】都民100人に3人は「外国人」 ヘイトはダメ…多文化共生指針を策定

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【舛添知事定例会見録】
都民100人に3人は「外国人」 ヘイトはダメ…多文化共生指針を策定

定例会見で記者の質問に応じる東京都の舛添要一知事=2月16日、新宿区の東京都庁 定例会見で記者の質問に応じる東京都の舛添要一知事=2月16日、新宿区の東京都庁

《2月16日午後2時から都庁会見室で》

【冒頭発言】

 「まず第1点目です。『東京都女性活躍推進白書』を策定しましたので、お知らせします。この白書は、東京の女性の活躍に焦点を絞り、女性が職場や地域社会など、あらゆる場で活躍し、女性はもとより、男性もいきいきと豊かに暮らせる社会の実現を目指したもので、自治体でこういう白書を作るのはわれわれが初めてということであります」

 「白書では、東京の女性の現状と課題をまず把握して、その上で、東京で活躍する女性たちのエピソードも集めるなど、現場の実態にも学びながら、課題解決に向けた提言を行っております」

 「(白書によると)東京をはじめ首都圏で働く人たちの通勤時間は(平均)68.7分です。これは片道で約70分。実感としてもそうですよね。それから、何時に家に帰るのといったときに、東京が最悪で、男性は『午後8時半』、女性は『午後6時半』ということで、地方の10分で車で帰るところと比べたら、そこで約1時間違うわけですから。非常に大きな問題です」

 「さらに、共稼ぎであっても、結局、家庭生活での負担が女性に偏っているということで、主に女性が担当しているのが24.2%。主に男性がというのは1%しかいません。分担しているのが15.5%で、やはり、女性が担当しているのが一番多い。そのため、女性が出産、育児、介護などに直面すると、やはり家庭生活の負担が増して、結局、仕事やめてしまおうか、ということになってしまう。そこで、そうならないために、『家庭もちゃんと、仕事もちゃんとやりたい。キャリア継続したい』という女性を応援する必要がある」

 「また、意識調査をしてみたのですが、都内企業の女性活躍推進に向けた取り組みと従業員の意識なのですが、両立支援制度を整備している企業の従業員は、やはり満足度は72.6%で高い。そうでないところは41.7%なので、やはり会社にしても、こういうことをきちんとやるということは、女性の働く意欲、仕事の満足度を高めるということで、ワークライフバランスの実現に向けてやるべきだと思っています」

 「そのほか白書では、身近な地域で活動している女性の事例が掲げてあります。それから提言として、これからこういう方向性を目指したいというものを3つ挙げてあります。この提言に沿い、取り組みを具体化して、東京の女性活躍推進に向けて、地域や社会、都民と一体となって全力を挙げて取り組んでいきたいと思っています」

関連ニュース

【舛添知事定例会見録】就任2年「方針は間違っていなかったと思っている」

「ニュース」のランキング