産経ニュース

映画の爆破シーン撮影でロンドン中心部が一時パニック テロが落とす暗い影 J・チェンさん主演映画

ニュース プレミアム

記事詳細

更新


映画の爆破シーン撮影でロンドン中心部が一時パニック テロが落とす暗い影 J・チェンさん主演映画

ロンドンの中心部にあるランベス橋の上で爆発・炎上する2階建てバス。7日に行われたジャッキー・チェンさんが主演する映画の撮影だったが、テロと勘違いした市民から批判の声が上がった(AP) ロンドンの中心部にあるランベス橋の上で爆発・炎上する2階建てバス。7日に行われたジャッキー・チェンさんが主演する映画の撮影だったが、テロと勘違いした市民から批判の声が上がった(AP)

 日曜日の7日午前、ロンドンの中心部の橋の上で名物の赤い2階建てバスが爆発・炎上した。テロや事故ではなく、香港の人気アクションスター、ジャッキー・チェンさん(61)=写真=が主演する映画の撮影だったが、近くにいた市民や観光客が一時パニックとなる事態に。ロンドンでは2005年に地下鉄やバスが爆破され、50人以上が亡くなるテロが起きており、「子供がおびえた」「あまりにも無神経」との批判も噴出している。派手な爆破シーンはアクション映画に欠かせないものの、世界各地で頻発するテロがエンターテインメントの映画の撮影にも暗い影を落としている。

 撮影が行われたのは、国会議事堂にほど近い場所にあるランベス橋。欧米メディアによると、ゆっくり走っていたバスが突如、轟(ごう)音(おん)を上げて爆発し、2階部分が吹き飛んでなくなり、炎上した。

「子供が震えた」

 爆発を目撃した英小説家、ソフィー・キンセラさん(46)はツイッターに、「非常にリアルで本当に驚いた。(近くにいた子供たちも)びっくりして、一緒に震えた」と書き込んだ。インターネット上には、「朝、爆発音で起きて寝ぼけ眼で目撃した」といった投稿とともに、白煙を上げるバスの写真や動画があふれた。

 この映画は、米中共同制作の「ザ・フォリナー(外国人)」。ロンドンのチャイナタウンにあるレストランの経営者役のチェンさんが、テロで亡くなった娘の復(ふく)讐(しゅう)のため、1人でテロ組織に戦いを挑む内容。スパイ映画「007」シリーズで5代目ジェームズ・ボンドを演じたピアーズ・プロスナンさん(62)もテロ組織の元メンバーとして出演するなど話題作で、今年後半の公開予定だ。

このニュースの写真

  • 映画の爆破シーン撮影でロンドン中心部が一時パニック テロが落とす暗い影 J・チェンさん主演映画

「ニュース」のランキング