産経ニュース

【衝撃事件の核心】北朝鮮が日本国内から韓国内の工作員を操っていた! 明かされた情報機関「225局」活動の一端とは

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【衝撃事件の核心】
北朝鮮が日本国内から韓国内の工作員を操っていた! 明かされた情報機関「225局」活動の一端とは

日本を拠点にした工作活動の構図 日本を拠点にした工作活動の構図

 ニュース番組やワイドショーが元プロ野球選手、清原和博容疑者(48)の報道一色になった今月2日、警視庁公安部がある重大事件を摘発していた。北朝鮮が日本国内で展開していた工作活動の一端があぶり出されたのだ。工作を主導したのは北の対外情報機関「225局」。容疑者は日本で教育者を装いつつ、韓国内で活動する工作員に指示を伝える役割を果たしていたとされる。日本国内から韓国内の工作員を動かしていたとみられるこの事件。「スパイ天国」とも揶揄(やゆ)される日本で、外国の諜報機関が跋扈(ばっこ)する実態が浮かび上がった。

表の顔は教育者…裏では工作活動の「責任者」

 清原容疑者逮捕で世の中が騒然とした2日、警視庁公安部はある詐欺事件の強制捜査に着手した。

 逮捕されたのは、朝鮮大学校(東京都小平市)の経営学部元副学部長、朴在勲(パクチェフン)容疑者(49)。逮捕容疑は、不正入手したクレジットカードで物品を購入したとするものだったが、事件の本質は単なる詐欺事件ではない。逮捕にはより大きな背景があった。

 「朴容疑者は北の工作機関『225局』にリクルートされ、対南工作活動の拠点責任者を務めていた」

 公安部は、朴容疑者の“裏の顔”をこう説明した。

 225局の主な任務は、韓国で非公然組織を構築したり協力者を獲得したりすることで、他国に工作員を潜入させ、政界や軍、マスコミなど各層に協力者を構築している。在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)の指導役でもあり、前身の朝鮮労働党対外連絡部は、有本恵子さん(56)=拉致当時(23)=拉致にも関与したとされる。

関連ニュース

【環球異見】元露スパイ毒殺事件で英報告書 英タイムズ「プーチンのスパイ一掃せよ」 国営ロシア新聞「英特務機関との関係隠匿が狙い」

「ニュース」のランキング