産経ニュース

【トレンド日本】グーグル検索でヒット1件を探せ! 奇妙なゲームが静かなブームに 「卒塔婆とチュロスを両手に持つ殺人鬼」って何?

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【トレンド日本】
グーグル検索でヒット1件を探せ! 奇妙なゲームが静かなブームに 「卒塔婆とチュロスを両手に持つ殺人鬼」って何?

記者が挑戦したところ、「インドとラオスの間にあるコピー機には意義付けを要求するマッコウクジラの長生きする教室が見え隠れしていない」で検索結果1件となった 記者が挑戦したところ、「インドとラオスの間にあるコピー機には意義付けを要求するマッコウクジラの長生きする教室が見え隠れしていない」で検索結果1件となった

 《ネットで見かけた「グーグル検索に適当な単語をぶち込んでヒット数を限りなく1に近づけるゲーム(0はだめ)」をやってみたけど以外と難しくて挫折しました。1になった人は一報下さい》

 この投稿に対し、検索結果を1件とすることに成功したとの報告が、次々とリツイート(返信)された。

 《ブームが去った後のあばれる君が埋め立てゴミを頭で粉砕する仕事で再利用されているパラレルワールド》

 《あんなに愛したマンドリルとツノゼミのウルトラソウル》

 ■本当に難しいのか… やってみた

 手元のパソコンを使って記者も挑戦してみた。

 《インドとラオスの間にあるコピー機》

 こう入力すると、検索結果のヒット数は約23万件。「思ったより多いな…」。

 そんな印象を抱いた。

 《インドとラオスの間にあるコピー機にはクジラが見え隠れ

 文言を追加したところ、約1150件まで減らせた。さらに「クジラ」を「マッコウクジラ」にしてみた。

 《インドとラオスの間にあるコピー機にはマッコウクジラが見え隠れ》

 23件まで減らせた。語尾を否定形にしてみよう。

 《インドとラオスの間にあるコピー機にはマッコウクジラが見え隠れしていない

 変化はなかった。さらに挑戦を続ける。

「ニュース」のランキング