産経ニュース

【衝撃事件の核心】逃亡45年…中核派の最重要活動家の尻尾をついにつかんだ! 警視庁が踏み込んだアジトには数々の痕跡が…

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【衝撃事件の核心】
逃亡45年…中核派の最重要活動家の尻尾をついにつかんだ! 警視庁が踏み込んだアジトには数々の痕跡が…

中核派の大坂正明容疑者が潜伏していたとされるマンションの家宅捜索に入る捜査員ら=1月19日午前、東京都北区 中核派の大坂正明容疑者が潜伏していたとされるマンションの家宅捜索に入る捜査員ら=1月19日午前、東京都北区

 その人物は、中核派の活動家、大坂容疑者。昭和46年に発生した過激派の暴動をめぐり、殺人などの容疑で指名手配されている。警察当局は長年、行方を追っているが、詳細な足取りはようとして知れない。警察庁指定の重要指名手配容疑者の中では、最も長く逃走を続けている。

 結局、大坂容疑者の姿はアジトになかったが、室内は異様な状況が際立った。盗聴器や無線とみられる装置、警察関係の車両を記した表などを押収。急襲に備えるためか、水に溶ける紙の束も置かれていた。周囲の様子はカメラで監視していたとみられる。

 「足取りの具体的情報は極めて乏しい。今後の捜査につなげたい」。捜査関係者は話す。平成19年~20年にかけ、大坂容疑者はこの部屋に潜伏していた可能性があり、逮捕された活動家と同居していたとみられる。

「革命の起爆剤」を自任暴動の果てに残ったのは…

 大坂容疑者が指名手配されることとなった「渋谷暴動事件」は昭和46年に起きた。

 当時、沖縄返還協定の批准阻止を訴える暴動が激化。過激派の活動家らが火炎瓶や鉄パイプなどの凶器で武装し、警察と衝突して、負傷者や逮捕者が多数出る事態となっていた。

「ニュース」のランキング