産経ニュース

【衝撃事件の核心】和牛オーナー訴訟、「リスクゼロ」と推奨の海江田前民主代表出廷 「リスクゼロこそ最大のリスク」と主張

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【衝撃事件の核心】
和牛オーナー訴訟、「リスクゼロ」と推奨の海江田前民主代表出廷 「リスクゼロこそ最大のリスク」と主張

海江田万里氏(鈴木健児撮影) 海江田万里氏(鈴木健児撮影)

 平成23年に経営破綻した安愚楽(あぐら)牧場の和牛オーナー商法について、海江田万里・民主党前代表(66)が経済評論家時代、「リスクゼロ」「元本保証」などと雑誌や書籍で紹介したため投資して損害を被ったとして、投資家30人が海江田氏に約6億円の損害賠償を求めた訴訟の第18回口頭弁論(谷口園恵裁判長)が29日、東京地裁であった。海江田氏の本人尋問が初めて行われ、海江田氏は「記事執筆当時と安愚楽破綻時の経済状況は全く違う上、記事中でもリスクは指摘していた」などとし、責任を否定した。(小野田雄一)

 この日は投資家6人の尋問も行われ、破綻までに数千万円を投資した男性投資家は「評論家・政治家として著名な海江田氏が『元本保証』などと紹介しており、間違いはないと思った。海江田氏のサイトには大きく『無私』と書いてあるが、海江田氏は法廷にこれまで一度もこなかった。被害者からすれば別の意味で『無視』だ」などと述べた。

関連ニュース

【名言か迷言か】「野合」に突き進んだ民主党と海江田氏は有権者からはっきりと「NO」を突きつけられた 

「ニュース」のランキング